中学公民

中学公民
5分で解ける!地方自治と地方分権に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!地方自治と地方分権に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民25 練習1 かっこ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント1で学習した内容を、問題を解いて確認しましょう。

それぞれの地方は住民により運営されるべき!この考え方を何という?

lecturer_avatar

まずは最初の空欄です。
それぞれの地方は住民により運営されるべき という考え方を何と言いますか?
正解は 地方自治 です。

lecturer_avatar

地方自治に関連して、ある原則が 憲法で保障されています。
それは、地方自治を行うための「団体」をつくるという原則です。
2つ目の空欄には 地方公共団体 が入ります。
この地方自治体、場合によっては 地方自治体 と呼ばれることもあります。

地方自治は「民主主義」の良い練習になる!?

lecturer_avatar

住民が話し合って政治を行う地方自治は、ある考え方の練習になると考えられています。
その考え方とは、ずばり 民主主義 でした。
だからこそ、地方自治は「 民主主義の学校 」と呼ばれているのでしたね。

lecturer_avatar

地方自治の考え方が広まる中、ある動きが加速しているという話をしました。
仕事や財源を国から地方に移す という動きです。
これを何と言いますか?
正解は 地方分権 です。

答え
中学公民25 練習1 答え入り
地方自治と地方分権
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      地方の政治

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民