中学公民
中学公民
5分でわかる!直接請求権

3
Movie size

5分でわかる!直接請求権

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

気に入らない知事をやめさせることもできる?

中学公民26 ポイント1 答え入り

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

1つ目のポイントは、「直接請求権」です。
住民の権利である直接請求権について学習します。
こちらを見てください。

中学公民26 ポイント1 答え入り

直接請求権 条例の制定や議会の解散請求を求める権利

lecturer_avatar

直接請求権は住民による直接民主制の要素を取り入れた権利です。
つまり、住民が地方の政治に直接参加する権利だと考えてください。
何を請求するかというと、例えば新しい条例を制定したい、または条例を廃止してほしいといった要望です。

lecturer_avatar

こうした要望がある時に、住民は署名を集めます。
一定数以上の署名が集まれば、地方議会で議論が行われることになります。

必要な署名の数 条例は50分の1以上、解散や解職請求は3分の1以上

lecturer_avatar

必要な署名の数は、請求する内容によって異なります。
条例の制定には50分の1以上議会の解散や首長の解職請求には3分の1以上の署名が必要です。
(地方自治体によっては「6分の1以上」などの例外があります)

解散請求や解職請求を行うことを「リコール」という

lecturer_avatar

直接請求の中でも、議会の解散や首長の解職を請求することをリコールといいます。
こちらも合わせて覚えておきましょう。

中学公民26 ポイント1 答え入り

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

直接請求権
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      地方の政治

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民