中学公民

中学公民
5分でわかる!衆議院と参議院の違い

198
Movie size

5分でわかる!衆議院と参議院の違い

198

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

衆議院と参議院の違いをおさえよう

中学公民18 ポイント3 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

3つ目のポイントは、「衆議院と参議院の違い」です。
衆議院と参議院は 議員定数や任期 などに違いがあります。
どういう点に違いがあるのかを学習しましょう。

衆議院の意見が優先される「衆議院の優越」

lecturer_avatar

日本の国会は 衆議院参議院 の二院制です。
ただし、この2つは対等の関係ではありません。
たとえば、両議院で意見が食い違った場合は 衆議院の意見が優先される のです。
これを「 衆議院の優越 」と言います。
例えば 総理大臣 を選ぶとき、衆議院と参議院が異なる人物を候補に選んだ場合、最終的には衆議院が選んだ人物が総理大臣に指名されます。

議員定数や任期の違いをおさえよう

lecturer_avatar

ここで、両院の違いを見ていきましょう。
こちらを見てください。

中学公民18 ポイント3 答え全部

lecturer_avatar

議員定数について、衆議院は 475名 、参議院は 242名 です。
任期について、衆議院は 4年 、参議院は 6年 となっています。
参議院は 3年ごとに半数が改選される ため、選挙は3年ごとに行われます。

lecturer_avatar

選挙権(投票する権利)は衆議院・参議院ともに 満18歳以上の男女 に認められています。
被選挙権立候補する権利 )については違いがあります。
衆議院は 満25歳以上 の男女、参議院は 満30歳以上 の男女です。

lecturer_avatar

また、衆議院には 解散 があります。
任期の途中であっても、解散したら一度議員をやめ、また選挙をやり直す必要があります。
つまり、4年間仕事ができるとは限りません。
参議院には解散がないため、一度当選すれば6年間参議院議員として仕事をすることになります。

衆議院の優越が認められているのはなぜ?

lecturer_avatar

いったいなぜ、衆議院の優越が認められているのでしょうか。
その理由は、衆議院のほうが 国民の意見をより反映している と考えられるからです。
解散もある上に、任期も衆議院の方が短いですよね。
それだけ国民の意見が反映されやすいので、衆議院の意見に優先権が認められていると考えてください。

中学公民18 ポイント3 答え全部

lecturer_avatar

議員定数や任期、立候補できる年齢の違い。
これらの違いはよくテストに出ます。
しっかり覚えておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

衆議院と参議院の違い
198
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      政治参加と国の政治

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              中学公民