中学歴史

中学歴史
5分でわかる!武士のくらしと農業の発達

12
Movie size

5分でわかる!武士のくらしと農業の発達

12

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

武士が住む武家造 笠懸、流鏑馬、犬追物で日々訓練

中学歴史16 ポイント3 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

鎌倉時代2のポイント3は、「武士の生活と産業の発達」です。

当時の御家人のくらし

lecturer_avatar

当時、御家人たちは 武家造 と呼ばれる構造の家に住んでいました。
敷地の中で田んぼを耕し、自給自足の生活を送っていたのです。

lecturer_avatar

また、御家人の生活で重要なのが 馬の管理 でした。
家の敷地内で馬を飼い、 笠懸(かさがけ)や流鏑馬(やぶさめ) と呼ばれる訓練を日々行って、戦いに備えていたのです。

商業の発達 定期市の開催

lecturer_avatar

つづいて、産業の発達について学習します。
こちらを見てください。

中学歴史16 ポイント3 左半分のみ表示、答え入り

lecturer_avatar

この絵に描かれているのは、 定期市 の様子です。
人々が定期的に集まり、商品を売り買いしていました。
鎌倉時代には、定期市は 月に三回 開催されていたことを覚えておきましょう。

中学歴史16 ポイント3 左半分のみ表示、答え入り

農業の発達 二毛作の開始

lecturer_avatar

鎌倉時代には、農業が大きく発達しました。
こちらを見てください。

中学歴史16 ポイント3 右半分のみ表示、答え入り

lecturer_avatar

牛を利用して田んぼを耕す様子が描かれています。牛のほかにも、馬などが利用されていました。
鎌倉時代には 牛馬耕 が行われていたことを覚えておきましょう。

中学歴史16 ポイント3 右半分のみ表示、答え入り

lecturer_avatar

他にも、木の枝や植物を焼き、その灰を 肥料 にして作物を育てる工夫も見られました。
そして、西日本で 二毛作 が始まったのも、鎌倉時代の出来事です。
米を作ったあとに麦をつくるなど、一年に二度、違う作物をつくるのが二毛作です。

lecturer_avatar

農業の生産性を上げるため、様々な工夫が生まれていたことを覚えておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

武士のくらしと農業の発達
12
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      鎌倉時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学歴史