中学地理
中学地理
5分で解ける!経度15度=1時間の時差に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!経度15度=1時間の時差に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理32 練習2 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

ポイント2では、時差の計算方法について学びましたね。
内容を確認しましょう。

日本とイギリスの時差は?

lecturer_avatar

日本とイギリスの時差は何時間でしたか?
計算でも出せますが、よくテストに出るので覚えておくと便利ですよ。
答えは 9時間 です。

lecturer_avatar

地球1周が360度で、24時間かけて1回転しています。360度を24時間で割りましょう。
1時間当たり 15度 になりますよね。つまり、経度 15度 =1時間の時差ということです。

lecturer_avatar

国や地域が基準として定めている時刻を 標準時 といいましたね。
日本は兵庫県明石市を通る東経135度を基準に、標準時を設定しています。

答え
中学地理32 練習2 答え入り
経度15度=1時間の時差
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。