中学地理

中学地理
5分でわかる!日本とイギリスの時差

243

5分でわかる!日本とイギリスの時差

243
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の要点まとめ

ポイント

日本とイギリスの時差は9時間

中学地理32 ポイント1 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

1つ目のポイントは、「日本とイギリスの時差」です。

標準時子午線と時差

lecturer_avatar

前回の授業で標準時子午線について話をしたことを覚えていますか?
日本の場合は、兵庫県の明石市を通る東経135度の経線が標準時子午線です。
標準時子午線が基準となって、世界各地の国や地域の時刻(=標準時)が決められています。
各国の標準時の差のことを時差というのです。

日本とイギリスの時差は9時間!

lecturer_avatar

例えば、日本とイギリスの時差は9時間です。
日本のほうが9時間先に進んでいます。イギリスのほうが9時間遅れているのです。
どうして9時間になるのかは、次のポイントで説明しますね。
まずは、日本の時刻はイギリスよりも9時間先に進んでいると覚えておきましょう。

lecturer_avatar

ここで、簡単な計算問題を出します。
日本が20時(夜の8時)だとします。このときイギリスでは何時でしょうか?
日本が9時間先に進んでいるので、引き算をすればいいですよね。
20-9=11
正解はお昼の11時です。

中学地理32 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

各国の標準時の差を時差といいます。
標準時は標準時子午線によって決まります。
しっかり覚えておきましょう。

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

逆転合格セミナー
日本とイギリスの時差
243
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー