中学地理

中学地理
5分で解ける!EUの経済格差に関する問題

41

5分で解ける!EUの経済格差に関する問題

41
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理20 練習3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント3では、EUの経済格差について学びました。
内容を確認していきましょう。

EUの経済格差 北は豊かで南は貧しい!?

lecturer_avatar

EUの中でも、北は豊かで、南は貧しい国が多いという話をしましたね。
このように、北欧と南欧の経済格差が問題になっています。
域内格差ともいいます。

lecturer_avatar

下の地図は、何を表していましたか?
国がどれだけ豊かなのかを示す、国民総所得(GNI)でしたね。

中学地理20 練習3 カッコ空欄

lecturer_avatar

GNIが多い国は濃い色で塗られています。
中でも、代表的な国は、工業がさかんで豊かなドイツです。
ルール工業地帯が有名です。

lecturer_avatar

一方、GNIが多い国は薄い色で塗られています。
経済的な危機がニュースに取り上げられるほど貧しいのがギリシャでしたね。
イタリアの南東に位置する国です。

答え
中学地理20 練習3 答え入り
lecturer_avatar

ヨーロッパ連合、EUについて学んできました。
EUの国の中でも、
ユーロを採用していないイギリス
工業がさかんで豊かなドイツ
経済状態がよくないギリシャ
この3つはよくテストに出るので、しっかり覚えておきましょう。

難関大合格パーソナルプログラム
EUの経済格差
41
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

ヨーロッパ州

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      中学地理