中2理科
中2理科
5分でわかる!2種類の金属の質量

3
Movie size

5分でわかる!2種類の金属の質量

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

2種類の金属の質量

中2 理科化学14 ポイント2 答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

練習としてグラフを読み取ってみましょう。

化合のグラフの問題では、変化前と変化後の質量を比べる

lecturer_avatar

まず1つ目の問題です。
0.8[g]の銅と反応する酸素は一体何[g]でしょうか。
まず横軸の金属の質量を見ます。
0.8[g]のとき銅のグラフの横軸を見ると1.0[g]を指していることがわかります。
つまり、銅0.8[g]が加熱されて1.0[g]になったと考えられます。
この1.0[g]の物質は何かというと、もちろん銅と酸素がくっついた酸化銅です。

lecturer_avatar

さて、今回求めるのは、くっついた酸素の質量でしたね。
0.8[g]の銅が1.0[g]の酸化銅になりました。
増えた分はくっついた酸素の質量ですね。
つまり、酸素の質量は 0.2[g] です。

グラフから読みとれないときは、比例の関係を使う

中2 理科化学14 ポイント2 答えあり

lecturer_avatar

さて、次はマグネシウムの問題です。
マグネシウム1.2[g]と反応する酸素は一体何[g]かという問題です。
銅のときと同様に、横軸が金属の質量を見ます。
1.2[g]のときのマグネシウムの横軸を見たいですがグラフが途中で切れてしまっているため見ることが出来ません。
これだと問題が解けないと考えてしましますが、コツを知っていれば大丈夫です。

lecturer_avatar

まず、原点をマグネシウムのグラフが通っていることを確認してください。
このマグネシウムのグラフは直線なので、マグネシウムの質量と化合物の質量は 比例の関係にある ということがわかります。
マグネシウムが0.6[g]のときに注目してみましょう。
このときの化合物の質量は1.0[g]だと読み取ることが出来ますね。
今回の問題では最初に加熱するマグネシウムが1.2[g]あったので0.6[g]の2倍です。
つまり、出来上がる化合物も2倍になっていると考えられますね。
したがって、マグネシウム1.0[g]を加熱したときに出来る化合物は1.0[g]の2倍なので2.0[g]です。

lecturer_avatar

この化合物はマグネシウムと酸素がくっついた酸化マグネシウムです。
今回求めたかったのは、くっついた酸素の質量でしたね。
酸素の質量は、増えた質量です。
よって、2.0 - 1.2 = 0.8[g] となります。

lecturer_avatar

以上のように比例の関係を用いると、グラフにない値も求めることが出来ます。

中2 理科化学14 ポイント2 答えあり

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

2種類の金属の質量
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学変化と原子・分子

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          化学変化と質量、温度

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科