中1理科

中1理科
5分でわかる!地層のできかたと粒の大きさ(れき・砂・泥)

635

5分でわかる!地層のできかたと粒の大きさ(れき・砂・泥)

635
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

地層は水がつくる2

中1 理科地学8 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は「地層のできかた」についてさらに詳しく学習します。

水に運ばれた土砂は、れき⇒砂⇒泥の順に堆積する

中1 理科地学8 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

前回、地層は流れる水によってできると学習しましたね。
しかし、このときにながされてくる土や岩には大きく分けて3種類あります。
粒が大きいものを れき といいます。
中間の大きさのものは です。
小さいものは と呼ばれます。
それでは、これらの土や岩は、どうして区別しなければならないのでしょうか?
実は、粒の大きさは積もる場所に影響するのです。
まず、図の左の方を見てみましょう。
上流の方では水の流れが速いですね。
すると、れき・砂・泥はすべて流されます。
しかし、海に入ると勢いが弱くなります。
すると、粒が大きいものから順に沈んでいきますね。
最も大きいのはれきなので、最初に沈むのがれきです。
その後は、砂、泥の順に沈んでいきます。

中1 理科地学8 ポイント2 答え全部

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

オンラインLIVE夏期講習
地層のできかたと粒の大きさ(れき・砂・泥)
635
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習