中1理科

中1理科
5分で解ける!地震の仕組みと影響に関する問題

36

5分で解ける!地震の仕組みと影響に関する問題

36
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中1 理科地学7 練習1 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

それでは地震のしくみについての問題を解いてみましょう。
図は、日本付近の地下の断面と、地震の震源の一部を模式的に表したものです。

地震は、大陸プレートと海洋プレートの境目で起こる

中1 理科地学7 練習1 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、地球表面をおおう厚さ100km程度の岩盤を何というか答える問題です。
答えは プレート です。
陸の下にあるプレートを大陸プレート、海の下にあるプレートを海洋プレートというのでした。

lecturer_avatar

(2)は、プレートの境目をかき込む問題です。
食い込んでいる場所がヒントです。
右上から左下にかけて境目がありますね。
答えは次の図をみてください。

lecturer_avatar

また、震源から答えることもできます。地震はプレートの境目で起きるのでした。
ですから震源を線でつなぐと境目が分かります。

lecturer_avatar

(3)は、Aのへこんだ部分を何というか答える問題です。
答えは 海溝 です。
海にある溝、という意味です。

答え
中1 理科地学7 練習1 答えあり
難関大合格パーソナルプログラム
地震の仕組みと影響
36
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

大地の変化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      地震

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      中1理科