高校生物

高校生物
5分でわかる!中胚葉誘導:胞胚期

0
Movie size

5分でわかる!中胚葉誘導:胞胚期

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

中胚葉誘導:胞胚期

高校 生物 動物の発生14 ポイント3 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

両生類の中胚葉誘導について見ていきましょう。

ノーダル遺伝子の影響で中胚葉が分化

lecturer_avatar

受精直後、βカテニンというタンパク質が胚の背側に発現しました。
このあと、どのように中胚葉が分化するのでしょうか?
次の図を見てください。

高校 生物 動物の発生14 ポイント3 左図と中央図
lecturer_avatar

図の左には受精直後の卵、右には胞胚が描かれています。
胞胚には、βカテニンがそのまま残って局在しています。

lecturer_avatar

植物局側のディシェベルドは消え、VegTVg-1という遺伝子から合成されたタンパク質が局在します。

lecturer_avatar

これらのタンパク質により、胚の中央部でノーダル遺伝子の発現が促されるのです。
このノーダル遺伝子が、直接的に中胚葉誘導を行う遺伝子です。

ノーダルタンパク質の濃度勾配に応じて各中胚葉が分化

lecturer_avatar

ノーダル遺伝子が発現すると、タンパク質が合成されます。
しかし、ノーダルタンパク質は胚全域に一様に発現するわけではありません。

高校 生物 動物の発生14 ポイント3 図すべて
lecturer_avatar

一番右の図では、ノーダル遺伝子から合成されるタンパク質が点で描かれ、その濃度勾配を示しています。
βカテニンが局在していた領域でノーダルタンパク質が多く発現し、胚の背側から腹側に向かって濃度が減少していることが分かりますね。

lecturer_avatar

ノーダルタンパク質が発現している領域が中胚葉になります。
しかし、すべての領域が同じ組織に分化されるわけではありません。
ノーダルタンパク質の濃度によって、分化される組織が変化するわけです。

高校 生物 動物の発生14 ポイント3 図すべて
lecturer_avatar

図の①は、ノーダルタンパク質が高濃度の領域です。
この領域はやがて脊索に分化されます。
原腸胚までは原口背唇部という名称なので注意しましょう。

lecturer_avatar

図の②は、ノーダルタンパク質が中濃度の領域です。
この領域は体節に分化されます。

lecturer_avatar

図の③は、ノーダルタンパク質が低濃度の領域です。
この領域は側板に分化されます。

lecturer_avatar

このように、ノーダルタンパク質の濃度勾配に応じて、各領域は中胚葉の様々な組織に分化されるということですね。

高校 生物 動物の発生14 ポイント3 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

中胚葉誘導:胞胚期
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物の発生

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          形態形成

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物