中1理科

中1理科
5分で解ける!混合物の状態変化と温度に関する問題

18
Movie size

5分で解ける!混合物の状態変化と温度に関する問題

18

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中1 理科化学19 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

水とエタノールの温度変化に関する問題を解いてみましょう。

混合物の沸とうが始まるのは、グラフがゆるやかになったところ

中1 理科化学19 練習1 (1)のみ、答えなし

lecturer_avatar

(1)は、沸とうが始まったと考えられるところを○で囲む問題です。
混合物を加熱すると、先に沸点の低いエタノールが沸騰するのでした。
すると、温度変化がゆるやかになるわけですね。
グラフを見ると 5分、80℃のあたり でゆるやかになっていますね。

混合物の沸点は一定にならない

中1 理科化学19 練習1 (2)(3)、答えなし

lecturer_avatar

(2)は、混合物の沸点について正しいものを選ぶ問題です。
水の沸点は100℃です。エタノールの沸点は78℃です。
それらを混ぜた場合、沸点はどうなるのでしょうか?
混合物の場合、沸とうが始まっても温度が上がり続けます。
したがって、明確な沸点はありませんでした。
よって答えは 沸点は決まった温度にならない です。

lecturer_avatar

(3)は、水とエタノールの混合割合を変えると、温度の変化がどう変わるかを答える問題です。
選択肢を順番に見ていきましょう。
アは、「温度の変化の様子はまったく同じになる」というところが誤りです。
水を多くすれば100℃近くまで急に上がりますし、エタノールを多くすれば80℃あたりで温度上昇は止まるから です。
イ 混合割合によって、温度の変化の様子は違ういます。
これは正しい内容 ですね。
ウは「100℃以上で沸騰が始まることもある」というところが誤りです。
エタノールの沸点は78℃、水の沸点は100℃なので 100℃以上になることはありません
よって答えは です。

答え
中1 理科化学19 練習1 答えあり
混合物の状態変化と温度
18
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      身のまわりの物質

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          物質の状態変化

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科