中1理科
中1理科
5分でわかる!物質の三態

74
Movie size

5分でわかる!物質の三態

74

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

物質の三態

中1 理科化学 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは、「物質の三態」です。

物質の三態は、固体・液体・気体

lecturer_avatar

物質は色々な状態で存在しています。
まず、図を見てください。

中1 理科化学 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

左のビーカーには氷が入っていますね。
氷をどんどん温めていくと、水になります。
さらに水を温め続けると、水蒸気になります。
氷→水→水蒸気と変化していくわけですね。
次にそれぞれの状態を何と呼ぶか、確認していきましょう。
氷のように、固まっていて動かない状態のことを固体といいます。
水のように、形が決まっているけどゆらすと動く状態のことを液体といいます。
水蒸気のように、境界がはっきりしない状態のことを気体といいます。
固体・液体・気体の3つの状態を合わせて、物質の三態と呼ぶことも覚えておきましょう。

中1 理科化学 ポイント1 答え全部

状態変化には、融解や気化などの種類がある

中1 理科化学 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

図の固体・液体・気体の間には矢印がありますね。
物質はある状態から別の状態に変化することがあるのです。
これを状態変化といいます。
状態変化の中で、2つ覚えてほしいものがあります。
固体から液体に矢印がのびていますね。
この変化を融解といいます。
また、液体から気体にも矢印がのびていますね。
この変化を気化といいます。
まずは、以上の2つを覚えましょう。

中1 理科化学 ポイント1 答え全部

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

物質の三態
74
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      身のまわりの物質

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          物質の状態変化

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科