中1理科
中1理科
5分で解ける!溶解度曲線と再結晶に関する問題

19
Movie size

5分で解ける!溶解度曲線と再結晶に関する問題

19

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中1 理科化学16 練習 答えなし

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

溶解度曲線と再結晶に関する練習問題を解いてみましょう。

「水の温度が変わると溶解度はどう変わるかをグラフにしたもの」が溶解度曲線

中1 理科化学16 練習 (1)(2)答えなし

lecturer_avatar

(1)は、10℃において、塩化ナトリウムと硝酸カリウムのどちらの溶解度が大きいかを、グラフから読み取る問題です。
「10℃のときの溶解度」を比べるため、「横軸の10℃」に印をつけましょう。
10℃のときには、硝酸カリウムは20g溶けることが分かりますね。
塩化ナトリウムは35g溶けることが分かります。
大きいのは塩化ナトリウムですね。

lecturer_avatar

(2)は、50℃において、塩化ナトリウムと硝酸カリウムのどちらの溶解度が大きいかを、グラフから読み取る問題です。
(1)とお同じように、「横軸の50℃」に注目しましょう。
50℃のときは、硝酸カリウムは約80g溶けることが分かりますね。
塩化ナトリウムは約38g溶けることが分かります。
溶解度が大きいのは硝酸カリウムですね。
10℃のときの溶解度から、大小が逆転していることがわかります。

結晶としてでてくるのは、2つの温度における溶解度の差

中1 理科化学16練習 (3)のみ、答えなし

lecturer_avatar

(3)は、温度を冷やしたときに出てくる結晶の量を求める問題ですね。
この問題では、50℃の水100gに硝酸カリウムを限界まで溶かした水溶液を、20℃まで冷やしていますね。
50℃と20℃のそれぞれの温度で、硝酸カリウムが何gまで溶けるのかをグラフから読み取りましょう。
50℃のときは約80gです。
20℃のときは約30gですね。
そして、結晶として出てくるのは、2つの温度における溶解度の差でしたね。
したがって答えは、約50gとなります。

溶解度の変化が大きいほど、結晶を作りやすい

中1 理科化学16練習 (4)のみ、答えなし

lecturer_avatar

(4)は、グラフの形から、硝酸カリウムと塩化ナトリウムではどちらが結晶を作りやすいといえるかを答える問題です。
結晶を作りやすいのは、溶解度の変化が大きい方です。
よって、答えは硝酸カリウムです。

答え
中1 理科化学16練習 全て入り
Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

溶解度曲線と再結晶
19
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      身のまわりの物質

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          水溶液の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科