高校古文

高校古文
5分でわかる!「本活用」と「補助活用」

51

5分でわかる!「本活用」と「補助活用」

51
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

「本活用」と「補助活用」とは?

高校古文 2章5 本活用と補助活用

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

 ポイントの3つ目は「本活用と補助活用」。形容詞の活用表は右側と左側の2つに分かれていたね。それぞれに名前がついていて、右側を「本活用」左側を「補助活用」というよ。本活用と補助活用をどう使い分けるのか、みていこう。

本活用と補助活用の使い分け

lecturer_avatar

形容詞「高し」を例に考えていくよ。まずは本活用から。
連用形「高くなる」、終止形「高し。」、連体形「高きとき」、已然形「高けれども」

lecturer_avatar

つぎに補助活用の場合
未然形「高からず」、連用形「高かりけり」、連体形「高かるらむ」、命令形「高かれ。」
命令形を除いて、共通して下にどのような語がくっついているか分かるかな?
助動詞がくっついているね。補助活用は命令形を除いて、下に助動詞がくっつく場合に使うんだ。

lecturer_avatar

形容詞の活用表は右側を「本活用」左側を「補助活用」といい、補助活用は命令形を除いて、下に助動詞がくっつくときに使う。このことをしっかりおさえようね。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

難関大合格パーソナルプログラム
「本活用」と「補助活用」
51
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム