高校古文

高校古文
5分でわかる!サ行変格活用動詞「す」「おはす」

88

5分でわかる!サ行変格活用動詞「す」「おはす」

88
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

サ行変格活用の動詞は「す」「おはす」の二語!

高校古文 2章1 動詞の活用(サ行ハイライト)

これでわかる!
ポイントの解説授業

ポイントの2つ目は「サ行変格活用の動詞」。変格活用のうち、サ行変格活用についてみていくよ。

サ行変格活用の動詞の例

lecturer_avatar

サ行変格活用の動詞は「」「おはす」の二語しかないよ!「す」の活用表をみてみよう。

高校古文 2章2 「す」の活用表

lecturer_avatar

「す」の活用は「せ・し・す・する・すれ・せよ」。「おはす」は「おは」と「す」に分かれるから、語幹が「おは」で、活用語尾が「す」になるよ。だから、「す」の活用を覚えていれば、「おはす」の活用も分かるね。
「す」の活用形をいろいろな語をくっつけて確認しよう。

lecturer_avatar

否定の助動詞「ず」は未然形に接続するので「ず」
過去の助動詞「けり」は連用形に接続するので「けり」
句点は終止形か命令形に接続。終止形の場合は「。」
「とき」は名詞。名詞は連体形に接続するので「するとき」
助詞「ば」は未然形に接続する場合と已然形に接続する場合がある。今回は已然形で「すれば」
句点は命令形にも接続できるので「せよ。」

lecturer_avatar

サ行変格活用は「す」「おはす」の二語であること、また活用は「ーせ・ーし・ーす・ーする・ーすれ・ーせよ」であることをおさえてね。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

オンラインLIVE夏期講習
サ行変格活用動詞「す」「おはす」
88
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習