中1理科
中1理科
5分でわかる!植物の昼と夜

22
Movie size

5分でわかる!植物の昼と夜

22

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

植物の昼と夜

中1 理科生物10ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

植物は呼吸だけでなく、光合成も行う

lecturer_avatar

息を吸って、はくことを呼吸と言います。
私たち動物が生きていくのに呼吸は欠かせません。
呼吸の際には、酸素を吸い込んで、二酸化炭素をはき出しています
このはたらきは、起きているときも寝ているときも同じです。

lecturer_avatar

呼吸をしているのは、動物だけではありません。
植物も同じように呼吸をしているのです。
しかし、動物と植物の間には違いもあります。
実は植物は、呼吸と同時に光合成をしていることがあるのです。

昼は呼吸よりも光合成

中1 理科生物10ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

植物の呼吸と光合成のようすは、昼と夜でちがっています
まずは、昼のようすに注目しましょう。
図の左側を見てください。
植物は酸素を取り込んで、二酸化炭素をはき出していますね。
これが呼吸です。
また、それとは逆に、二酸化炭素を取り込んで、酸素をはき出していますね。
これは光合成を表しているんです。
それでは昼間の植物は、呼吸と光合成のどちらをより多く行っているのでしょうか。
図をよく見ると、光合成の矢印の方が太くなっていますね。
つまり、昼の間は呼吸より、光合成の量の方が多いのです。

夜は呼吸だけ、光合成なし

中1 理科生物10ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

次に、夜の植物のようすを確認しましょう。
今度は図の右側を見てください。
夜の植物は、酸素を取り込んで、二酸化炭素をはき出しているだけですね。
つまり、呼吸はしているけど、光合成はしていないことがわかりますね。
なぜ夜の植物は光合成を行っていないのでしょうか。
光合成には光が必要でしたね。
夜は太陽が出ていないので、光合成ができないのですね。

lecturer_avatar

最後に昼と夜の植物のようすをまとめましょう。
昼間の植物は呼吸と光合成の両方を行っていますが、光合成の方が活発です。
そのため、昼の植物は全体として、二酸化炭素を取り込んで、酸素をはき出しているように見えます。
これに対して、夜の植物は光合成を行っていません。
つまり、動物と同じように、植物も酸素を取り込んで、二酸化炭素をはき出しているのですね。
これが昼と夜の植物の姿です。

中1 理科生物10ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

昼と夜の植物の呼吸・光合成のようすを覚えましょう。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

植物の昼と夜
22
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      植物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          植物の葉のつくり

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科