中1理科

中1理科
5分でわかる!葉のつくり

144
Movie size

5分でわかる!葉のつくり

144

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

葉のつくり

中1 理科生物7 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業

葉脈は”植物の血管”の役割

`

lecturer_avatar

今回のテーマは「葉のつくり」です。
葉の全体のつくりと各部の名前を覚えていきましょう。
まずは次の図をみてください。

中1 理科生物7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

図の左は葉の全体像を表しています。
葉の表面には筋のようなものがありますね。
この葉の筋のことを 葉脈 といいます。
葉脈の役割は、動物でいうと血管と同じです。
つまり、葉脈は 植物の体中にものを運ぶはたらき をしているのです。

栄養分をつくるときに重要な葉緑体

中1 理科生物7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

図の右上は、葉の表面を拡大したものです。
その中に細かい部屋のようなつくりがありますね。
この 細かい部屋のようなつくりを細胞 といいます。
植物だけでなく動物のからだも、細胞からできています。

lecturer_avatar

さらに、植物の細胞の中にはを緑色の粒があるのがわかりますか。
この 緑色の粒を葉緑体 といいます。
葉緑体は栄養分をつくるときに重要な役割 を果たしています。

気孔は”植物の口”の役割

中1 理科生物7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

図の右中央には、ヒトの口のようなつくりがありますね
実は葉の裏面を拡大すると、このようなつくりになります。
この部分の中央にある穴を 気孔 といいます。
気孔の役割は 動物でいうと口と同じです。
つまり、植物は 気孔によって空気を出し入れ を行っているのです。

葉の表側に葉緑体、裏側に気孔

中1 理科生物7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

最後に図の右下は葉の断面を拡大したものです。
上が葉の表側、下が裏側を表しています。
葉の表側には小さな部屋がずらっと並んでいますね。
これが細胞というもので、その中には葉緑体が入っていました。
つまり、 葉の表側には葉緑体が多い のです。

lecturer_avatar

次に葉の裏側には、穴があいているのがわかりますよね。
この部分が気孔です。
つまり、 葉の裏側には気孔が多い のです。
ちなみに気孔は、動物の口と同じ役割を果たしていましたね。

lecturer_avatar

また、葉の中央には円のようなつくりがみえますね。
これが葉脈です。
葉脈は、動物の血管と同じ役割をもっていました。

中1 理科生物7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

葉の表に多い葉緑体と裏に多い気孔を覚えておきましょう。

Itami

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

葉のつくり
144
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      植物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          植物の葉のつくり

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科