高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!アフリカの紛争に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!アフリカの紛争に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

現代文明と各地の紛争1 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はアフリカの紛争について学習しました。
内容を確認していきましょう。

アパルトヘイトに苦しむ南アフリカ!

lecturer_avatar

1965年、アフリカではローデシアがイギリスから独立しました。ローデシアでは少数の白人が政権を握り、人種隔離政策であるアパルトヘイトを実施しました。

lecturer_avatar

白人支配に抵抗する黒人たちは反政府運動を展開し、白人政府を倒して黒人政権を樹立。国名をジンバブエと改称しました。

lecturer_avatar

1961年、イギリス連邦の一員であった南アフリカは、本国から喧嘩別れする形で独立を果たしました。その後、アフリカ民族会議(ANC)の抗議活動や国際世論の高まりを受けて、1990年代にようやくアパルトヘイト諸法が撤廃されました。

lecturer_avatar

1994年には全人種による選挙が実施され、ANCの指導者であったマンデラが大統領に就任。彼は同国初の黒人大統領となりました。

紛争が続くアフリカ諸国

lecturer_avatar

1970年代のポルトガルでは民主化の動きが見られました。また、それに伴い同国の植民地であったアンゴラやモザンビーク、ギニアビサウが独立を果たしました。

lecturer_avatar

アフリカ東岸のソマリアでは多数のグループによる闘争が発生し、ソマリアは現在でも無政府状態となっています。ルワンダでは20世紀最大ともいわれるルワンダ内戦が発生し、フツ族がツチ族を大量に虐殺しました。

答え
現代文明と各地の紛争1 練習 答え入り
春キャンペーン2019
アフリカの紛争
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

現代文明と各地の紛争

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校世界史B