高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!紛争が続くアフリカ諸国

1
Movie size

5分でわかる!紛争が続くアフリカ諸国

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

紛争が続くアフリカ諸国

高校世界史 現代文明と各地の紛争1 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「アフリカ諸地域の紛争」です。
かつてポルトガルに支配されていた国が独立を果たす様子と、各地で発生した内戦について学習します。

旧ポルトガル領の独立と紛争

lecturer_avatar

1970年代、南ヨーロッパのポルトガルで民主化の動きが見られました。長年続いていた独裁政権がクーデタで倒れ、新たに成立した政権が植民地解放を宣言したのです。

lecturer_avatar

この動きに合わせ、アフリカのギニアビサウ、 アンゴラ、モザンビーク の3国が独立を果たすことになりました。そしてアンゴラとモザンビークでは、独立後に 政府派vs反政府派の内戦 が勃発することになったのです。

「旧ポルトガル領からの独立」見出し+テキスト

アフリカ各地で紛争が発生

lecturer_avatar

アフリカで内戦が発生したのはアンゴラやモザンビークだけではありません。これから、内戦が発生した国・地域を3つ紹介します。

lecturer_avatar

1つ目は、西アフリカに位置するナイジェリアです。ナイジェリアでは、東部に住むイボ族がビアフラ共和国として分離・独立を宣言したことをきっかけにナイジェリア内戦(ビアフラ戦争)が発生しました。ビアフラ共和国には石油の埋蔵量が豊富な地域が含まれていたこともあり、ナイジェリア政府は独立を認めず、内戦が発生したのです。

image02続き、見出し不要、テキスト2行/ナイジェリア内戦~共和国を建国

lecturer_avatar

2つ目は、アフリカ東岸に位置するソマリア連邦共和国です。ソマリアでは1988年から無政府状態となり、多数のグループによる武力闘争が激化。1992年には、武力行使を許可された国連PKO(平和維持活動)が実行されましたが、内戦を鎮圧することはできませんでした。現在でもソマリアでは無政府状態が続き、ソマリア沖の公海を通る船を襲撃する海賊問題が深刻となっています。

image03続き3行/ソマリア内戦~国連PKOの派遣

lecturer_avatar

3つ目は、東アフリカの内陸国ルワンダです。ルワンダではフツ族がツチ族を大量虐殺する、20世紀最大ともいわれる紛争が発生しました。

image04続き2行/ルワンダ内戦~大量虐殺

lecturer_avatar

欧州列強による植民地支配の影響もあり、アフリカ各地で民族・宗教・資源をめぐる紛争が発生したことをおさえておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

紛争が続くアフリカ諸国
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      現代文明と各地の紛争

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B