高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!大国へと歩み始める中国

0
Movie size

5分でわかる!大国へと歩み始める中国

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

大国へと歩み始める中国

高校世界史 自立を強める東アジア2 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「毛沢東の死と四つの現代化」です。
プロレタリア文化大革命の終焉と、その後に始まる新たな改革を学習します。

プロレタリア文化大革命の終焉

lecturer_avatar

復活を図る毛沢東が引き起こした プロレタリア文化大革命 の時期は、中国の経済や産業が停滞し、まさに「暗黒」の時代でした。しかし、1976年に首相の 周恩来 と国家主席の 毛沢東 が死去したことで、「暗黒」の時代も終わりを迎えることになりました。

lecturer_avatar

毛沢東の死後、中国の指導者となった 華国鋒 は、毛沢東夫人の江青ら「四人組」を逮捕。こうして、プロレタリア文化大革命は終焉をむかえました。

「プロレタリア文化大革命」見出し+テキスト

新たな中国をつくる!「四つの現代化」

lecturer_avatar

華国鋒は、新しい中国をつくるための指針として 「四つの現代化」 を打ち出しました。これはもともと周恩来が提唱した政策で、 農業・工業・国防・科学技術 の近代化を目指す政策です。

lecturer_avatar

また、華国鋒に代わって実権を握った 鄧小平 は、1978年以降に 改革・開放政策 を行いました。

「四つの現代化」見出し+写真+テキスト

lecturer_avatar

毛沢東の死後、華国鋒や鄧小平のもとで、中国は大国へと歩み始めることになりました。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

大国へと歩み始める中国
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      自立を強める東アジア

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B