高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!核を保有すると、発言力が強くなる!?

3
Movie size

5分でわかる!核を保有すると、発言力が強くなる!?

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

核を保有すると、発言力が強くなる!?

高校世界史 冷戦激化と西欧・日本の経済復興2 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

冷戦の激化と西欧・日本の経済復興、第2回。
今回は「核開発と平和運動」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「核開発競争」です。
第二次世界大戦後、各国が 核開発 を進めていく様子を学習します。

核保有のさきがけはアメリカ!

lecturer_avatar

第二次世界大戦中の1942年、アメリカは 原子爆弾 の製造を開始しました。原子爆弾はウランやプルトニウムの核分裂を利用した 大量破壊兵器 です。アメリカは世界で初めて核実験に成功すると、広島・長崎に原爆を投下しました。

lecturer_avatar

原爆を使えば戦争に勝つのは簡単です。しかし、原爆は街や自然環境を破壊し、多くの人の命を奪います。そんな危険な兵器、できることならどの国も持っていてほしくありません。

lecturer_avatar

しかし実際は、世界各国がアメリカに対抗し、戦後に次々と核を開発していきました...。

「原子爆弾」見出し+テキスト

米ソの核開発競争

lecturer_avatar

1949年、アメリカに続いて ソ連 が核実験に成功。世界で二番目の核保有国となりました。

lecturer_avatar

アメリカはこれに対抗し、1952年に 水素爆弾 を開発。水素爆弾は原爆をはるかに上回る破壊力を持ち、地球を滅ぼす威力を持つ、とも言われています。

lecturer_avatar

これに続いてソ連も水素爆弾を開発。こうして米ソ両国が原爆・水爆を有することになったのです。

「各国の核の保有」見出し+テキスト3行/~ソ連も猛追

核を持てば国際社会での発言力が増す!?

lecturer_avatar

1952年以降、アメリカ・ソ連に続いて イギリス・フランス・中国 も核実験に成功しました。そして皮肉なことに、これらの国々は 国際社会における発言力が増す ことになったのです。

lecturer_avatar

原爆は恐ろしい兵器です。「核保有国を怒らせて、万が一原爆を使用されたら...」そんな恐怖感から、核保有国の発言力が増すという悪循環が発生していたのです。

lecturer_avatar

そして1974年には インド が、1998年には パキスタン が核実験に成功。対立関係にある両国がともに核兵器を保有したことで、核戦争の脅威が発生しました。そして現在では 北朝鮮 も核保有を宣言しています。

image03の続き5行/イギリスの核実験~

lecturer_avatar

以上、各国の核保有について学習しました。核兵器の開発には 国際社会での発言力を強める という政治的な意図もあることをおさえておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

核を保有すると、発言力が強くなる!?
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      冷戦の激化と西欧・日本の経済復興

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B