高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!戦勝国なのに混乱するイタリア

2
Movie size

5分でわかる!戦勝国なのに混乱するイタリア

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

戦勝国なのに混乱するイタリア

第一次世界大戦後の欧米諸国4 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

第一次世界大戦後の欧米諸国、第4回。
今回は「ファシズムの台頭」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「フィウメ問題と戦後不況問題」です。
第一次世界大戦で戦勝国となった イタリア は、戦後に様々な問題を抱えることになりました。詳しく見ていきましょう。

フィウメの領有をめぐる問題

lecturer_avatar

少し復習です。
イタリアが第一次世界大戦に参加したのは、イギリス・フランスと ある約束 を交わしたからでした。その約束とは、英仏の味方として参戦する代わりに「 未回収のイタリア 」を譲渡してもらう、というものでした。「未回収のイタリア」とは、イタリア人が多く住んでいるにも関わらず、他国に領有されている地域のことです。

lecturer_avatar

終戦後、イタリアは 南チロルトリエステ の領有を認められました。しかし、イタリア人が多く暮らす フィウメ という地域は ユーゴスラヴィア領 となったのです。

lecturer_avatar

フィウメをめぐり、イタリアとユーゴスラヴィアとの関係は悪化していきました。両国の対立を見かねた国際連盟は、1920年にフィウメを自由市とすることを決定しました。つまりフィウメは 国際連盟の管理下におかれることになったのです。

lecturer_avatar

こうして、領土を増やすことができなかったイタリアは、ヴェルサイユ体制に不満を持つようになりました。

戦後の不況問題

lecturer_avatar

戦後のイタリアは、深刻な 不況 に悩まされました。第一次世界大戦中、多くの物資を前線に送ったため、国内では物資が不足しました。労働者の給料は低く、失業者の数も増えていました。

lecturer_avatar

こうした状況の中、北イタリアでは労働者たちが工場を占拠し ストライキ を行う事件が発生しました。集団で仕事を放棄し、自分たちの要求を通そうとしたのです。

第一次世界大戦後の欧米諸国4 ポイント1 答え全部

労働者の味方が労働者を裏切った!?

lecturer_avatar

北イタリアのストライキは結局、政府によって鎮圧されてしまいました。当時、政治の実権を握っていたのはイタリア社会党という 社会主義政党 でした。

lecturer_avatar

労働者の救済を目指すはずの社会主義政党が、労働者の弾圧を行った。この事実は国内の労働者たちを失望させ、イタリア社会党は支持を失っていきました。

lecturer_avatar

この後イタリアでは、イタリア社会党に代わる 新たな政党 が政治の実権を握ることになります。次のポイントで詳しく見ていきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

戦勝国なのに混乱するイタリア
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      第一次世界大戦後の欧米諸国

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B