高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!独裁政治のほうが都合が良い!?

4
Movie size

5分でわかる!独裁政治のほうが都合が良い!?

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

独裁政治の方が都合が良い!?

第一次世界大戦後の欧米諸国5 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

第一次世界大戦後の欧米諸国、第5回。
今回は「東欧諸国の動向」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「ポーランドとハンガリーの独裁体制」です。

lecturer_avatar

第一次世界大戦中、アメリカの ウィルソン大統領十四カ条の平和原則 を提唱しました。大戦が終わると、十四カ条のうち「 民族自決 」の考え方にのっとり、東ヨーロッパの国々が独立を達成することになりました。

lecturer_avatar

ポイント1では、独立を達成した東欧諸国の中で ポーランドハンガリー に注目し、それぞれの歴史を勉強していきます。まずは ポーランド から。

独立後のポーランド/ピウスツキの独裁

lecturer_avatar

第一次世界大戦が終わり独立を果たしたポーランドは、隣国ロシア(ソヴィエト)と国境をめぐって戦争を行いました。これを ソヴィエト=ポーランド戦争 といいます。ポーランドは勝利し、領土拡大に成功しました。

lecturer_avatar

この戦争を勝利に導いた ピウスツキ は、国民からの人気を獲得し、次第に独裁体制を築くようになりました。こうして、独立を果たしたポーランドでは、ピウスツキによる独裁が行われるようになったのです。

「~ポーランド」見出し+イラスト+テキスト

独立後のハンガリー/ホルティの独裁

lecturer_avatar

続いてはハンガリーに注目します。

lecturer_avatar

第一次世界大戦末期、ハンガリーでは社会党・共産党がロシアにならって ソヴィエト政権 を樹立し、ハンガリー共和国の独立を宣言する事件が起こりました。これを ハンガリー革命 といいます。

lecturer_avatar

しかし、ソヴィエト政権は結局 ホルティ らによって倒されてしまいました。その後ハンガリーではホルティが権力を握り、独裁政治を行いました。

「~ハンガリー」見出し+イラスト+テキスト

lecturer_avatar

東欧諸国は 西欧とソ連との中間 に位置しています。第一次世界大戦後に東欧の独立が認められたのは、社会主義国ソ連を警戒する西欧諸国が、東欧諸国に「壁」としての役割を期待していたことが背景にあります。

lecturer_avatar

西欧諸国にとって、東欧諸国が 社会主義国 になるのは問題でしたが、それ以外なら問題はありませんでした。だからこそ、東欧諸国で独裁政治が行われても、それを容認していたのです。

lecturer_avatar

このように、ポーランドやハンガリーで独裁政治が成立した背景には、西欧諸国の思惑があったということを頭の片隅に入れておいてください。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

独裁政治のほうが都合が良い!?
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      第一次世界大戦後の欧米諸国

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B