高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!なぜアフガニスタン!?

36

5分でわかる!なぜアフガニスタン!?

36
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

なぜアフガニスタン?

アジア諸地域の植民地化6 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「アフガニスタンの植民地化」です。
ポイント1では イラン の植民地化について勉強しました。ポイント2ではイランのお隣 アフガニスタン がイギリスの植民地となっていく様子を学習します。

lecturer_avatar

イギリスがなぜアフガニスタンをねらったのか、その理由にも注目してください。

イギリスはロシアの南下を警戒していた!

lecturer_avatar

イギリスは19世紀に、2度にわたる アフガン戦争 を通じてアフガニスタンへ侵攻していきました。どうしてイギリスは アフガニスタン にこだわったのでしょうか?こちらを見てください。

ポイント2の地図のみ/書き込みアリ

lecturer_avatar

アフガニスタンのすぐ南には インド があります。インドはイギリスにとって アジアにおける最大の植民地でした。 もちろん他の国には手放したくありません。

lecturer_avatar

そんなイギリスが警戒していたのが ロシアの南下政策 でした。南下政策を進めるロシアがもしアフガニスタンを占領したら…?そのまま南下を続けインドに侵入してきたら…?イギリスはこうした不安を抱えていたわけです。

lecturer_avatar

アフガニスタンはインドのすぐ北に位置しています。植民地インドを守りたいイギリスにとって アフガニスタンは地理的に重要な場所にあったのです。

2度にわたるアフガン戦争

lecturer_avatar

ロシアにとられたくなければ 自分で植民地にしてしまえばいい。 そう考えたイギリスはアフガニスタンに戦争を仕掛けました。これが アフガン戦争 です。

lecturer_avatar

1838~1842年に行われた第1次アフガン戦争は、なんと イギリスの完敗 に終わりました。イギリスは一度アフガニスタンから距離をおくようになりましたが、 1878年 になると再びアフガニスタンへ侵攻しました。これが 第2次アフガン戦争 です。

lecturer_avatar

1878年 といえばヨーロッパで ベルリン会議が開催された年 です。ベルリン会議の結果、ロシアは バルカン半島方面 への南下政策を断念することになりました。

lecturer_avatar

イギリスは焦りました。「バルカン半島がダメでも、他の方面へ南下するかもしれない」と考えたのです。ロシアがアフガニスタン方面へ南下してくることは十分に考えられました。そこでイギリスは再びアフガン戦争を行ったのです。

lecturer_avatar

強い危機感を持って臨んだ第2次アフガン戦争にイギリスは勝利し、 アフガニスタンを保護国化することになりました。

アジア諸地域の植民地化6 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

以上、アフガニスタンがイギリスの保護国となる様子を学習しました。イギリスは植民地インドをロシアから守るためにアフガニスタンへ侵攻したのです。しっかり覚えておきましょう。

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

オンラインLIVE夏期講習
なぜアフガニスタン!?
36
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

アジア諸地域の植民地化

オンラインLIVE夏期講習
オンラインLIVE夏期講習

高校世界史B