高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!なぜ、イギリスは世界初の産業革命をむかえたのか?

34
Movie size

5分でわかる!なぜ、イギリスは世界初の産業革命をむかえたのか?

34

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

なぜ、イギリスは世界初の産業革命をむかえたのか?

高校世界史 イギリス市民革命3 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「イギリス産業革命の始まり」です。
18世紀のイギリスでは、世界で始めて 産業革命 が起こりました。産業革命とは、機械の発明などの 技術革新 と、それに伴う 社会の変化 をさす言葉です。

lecturer_avatar

産業革命が起こったのはイギリスだけではありませんが、世界で最初に産業革命を迎えたのはイギリスです。

lecturer_avatar

イギリスで産業革命が起こったのには、大きく 3つの要因 があります。順番に確認していきましょう。

「資本」の蓄積

lecturer_avatar

1つ目の要因は 「資本」の蓄積 です。
要は イギリスにはお金がたくさんあった ということです。
こちらを見てください。

「資本の発達」見出し+テキスト

lecturer_avatar

18世紀のイギリスでは、伝統的な 毛織物 業が発達するのに加え、インド産の 綿織物 が人気を高めていました。貿易でも国内消費においても人気だったので、次第に 綿織物を国内で作ろう という動きが見られるようになりました。

lecturer_avatar

毛織物にしても綿織物にしても、製品を作るためには工場を作ったり、人を雇ったりする必要があります。当時のイギリスには、そのためのお金が十分にありました。

lecturer_avatar

つまり 十分な経済力があった ことが、産業革命を迎えた1つの要因だったというわけです。

「市場」の確保

lecturer_avatar

2つ目の要因は 「市場(しじょう)」の確保 です。
いくら商品を作っても 売る相手 がいなければ商売になりません。

lecturer_avatar

イギリスは 広大な植民地を有していた ため、植民地に自国の製品を売りつけたり、製品を安く買い叩くことで利益を得ていたのです。こちらを見てください。

「市場の確保」見出し+テキスト

lecturer_avatar

1688年から1815年まで、イギリスはフランスと 第2次英仏百年戦争 と呼ばれる 植民地争奪戦 を戦いました。この戦いに勝利したイギリスは、北米やインドなどの植民地を獲得することになりました。

lecturer_avatar

植民地に対して製品を売りつけたり、反対に植民地で 商品作物 を育てさせ、イギリス本国へ輸出させることで、イギリスは利益を得ることができたのです。

lecturer_avatar

このように 植民地という「市場」を確保していた ことも、イギリス産業革命の要因の1つです。

「労働力」の確保

lecturer_avatar

3つ目の要因は 「労働力」の確保 です。
産業革命では 生産技術が発達 し、これまで手作業で作っていたものが 工場の機械で作れるようになります。 そこで 工場で機械を操作してくれる労働者 が必要になったのです。

lecturer_avatar

イギリスは、この「工場労働者」を確保することに成功しました。その大きな理由として 農業革命 という出来事が挙げられます。

lecturer_avatar

どうして「農業」革命が起きると、工場労働者の確保につながるのでしょうか?こちらを見てください。

「労働力の確保」見出し+テキスト3行のみ/~囲い込む/図は不要

lecturer_avatar

18世紀のイギリスでは ノーフォーク農法 と呼ばれる 輪作農法 が考案されました。「輪作」とは、同じ耕地の中で複数の作物を循環して育てる農法のことです。

lecturer_avatar

この農法を導入するために、イギリスでは 第2次囲い込み が行われました。複数の土地がまとめられ、ノーフォーク農法を行うための土地として柵で囲い込まれたのです。

image04の続き/イラスト+ラスト2行

lecturer_avatar

左側のイラストが 第2次囲い込み を、右側が ノーフォーク農法 を示しています。ノーフォーク農法の品目に かぶクローヴァー がありますが、これらは動物を育てるための 飼料 として育てられました。

lecturer_avatar

さらに、かぶやクローヴァーは あまり土地の養分を吸わずに成長する ので、耕地を4つに区分してローテーションで育てることで 交代で土地を休ませることができるのです。

lecturer_avatar

第2次囲い込みにより、複数の農民の土地が囲い込まれました。土地を奪われた農民は仕事を失くし、 都市へ出て工場労働者となったのです。 こうして農業革命の結果 工場労働者 が増え、イギリスは「労働力」を確保することができました。

lecturer_avatar

以上、イギリス産業革命の 3つの要因 を説明しました。 「資本」の蓄積「市場」の確保「労働力」の確保 の3つです。

lecturer_avatar

次の授業では産業革命の詳しい内容を勉強しますが、まずはこの 産業革命が起こった要因 をしっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

なぜ、イギリスは世界初の産業革命をむかえたのか?
34
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      イギリスの市民革命

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校世界史B