高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!ついに崩れた!中世の象徴

11
Movie size

5分でわかる!ついに崩れた!中世の象徴

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ついに崩れた!中世の特徴

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の展開5 ポ1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

中世ヨーロッパ世界の展開、第5回。
今回は「封建社会の崩壊と教皇権の衰退」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「荘園制の崩壊」です。
これまで何度も登場してきた、中世の象徴とも言える 荘園 。この授業では、ついに 荘園制が崩壊する様子 を学習します。

十字軍の失敗で諸侯が没落

lecturer_avatar

2つ前の授業で、 十字軍派遣 のお話をしました。十字軍におけるキリスト教勢力の主力は 諸侯 でしたね。海外領土を獲得するため、諸侯は時に 借金をしてまで、 約200年間に及んだ十字軍に参加したのです。

lecturer_avatar

しかし、結果はご存知の通りです。 十字軍は結局失敗に終わってしまいました。 こうした背景から、ついに 諸侯の没落が始まります。 それと同時に 彼らが運営する荘園も崩壊していくのです。

貨幣経済の普及と貨幣地代への移行

lecturer_avatar

14世紀以降、ヨーロッパでは 貨幣経済が普及しました。 こちらを見てください。

ポ1 最初の3行/・貨幣経済の普及~都市の発達

lecturer_avatar

前回までの授業で紹介した、 中世農業革命商業ルネサンス を覚えていますか?中世ヨーロッパでは、農業生産力が上昇し、作物が余るようになりました。余った作物は放っておくと腐ってしまうので、 お金に換えて価値を保存します。 これが 貨幣経済 の始まりです。

lecturer_avatar

貨幣経済の普及と連動して、農民たちは土地代を 貨幣で納める ようになります。これを 貨幣地代への移行 と表現します。こちらを見てください。

ポ1 次の3行/・貨幣地代への移行~隷属性を弱める

lecturer_avatar

荘園において、領主は農民に土地を貸していました。その土地代として、農民は労働をしたり作物を納めたりしていましたが、貨幣経済の普及とともに 土地代を貨幣で納めるようになったのです。

lecturer_avatar

貨幣経済が普及したことで、もう一つ大きな変化がありました。農民が、 農作物を市場で販売するようになったのです。 こうして、農民は領主への隷属性を弱めていきました。

13世紀以降「農奴解放」が進展

lecturer_avatar

貨幣経済の普及は、これまで荘園の農民に課せられていた、死亡税や相続税といった さまざまな税金の撤廃や緩和につながりました。 農民たちが あらゆる権利を貨幣で購入できるようになったのです。

ポ1 次の4行/・農奴解放~次第に地主化

lecturer_avatar

これまでは荘園に縛られ、さまざまな税金を課されていた農奴たち。彼らが領主の支配から自由になったことを 農奴解放 と表現します。多くの農民が 自営農民 となり、領主は次第に 地主 のような存在になっていきます。

黒死病の流行!人口の1/3が亡くなった...

lecturer_avatar

14世紀半ば、ヨーロッパで大変なことが起こりました。 黒死病ペスト )という疫病が大流行したのです。こちらを見てください。

ポ1 次の4行/黒死病(ペスト)~同時に領主の収入も激減

lecturer_avatar

当時のヨーロッパ社会は、はっきりいって不潔でした。例えば、残飯やゴミは川に投げ込まれていました。当時はトイレもないので、人びとはあちこちで用を足していたのです。

lecturer_avatar

衛生状態が最悪なことも災いし、黒死病は大流行します。 ヨーロッパの人口の1/3が死亡した といわれるほど、その被害は甚大でした。もちろん農業人口も激減したため、 領主は農民への待遇改善を迫られました。 農民たちが土地を捨てて逃げ出さないよう、待遇を改めたのです。例えば 土地代を免除 したり、 税金を免除 したりしました。結果的に 農民の解放がさらに進展 し、同時に 領主の収入は激減しました。

ジャックリーの乱とワット=タイラーの乱

lecturer_avatar

収入が減って困窮化した領主は、封建的な諸権利を再び強化しようと考えました。この動きに対し もちろん農民は反発します。 こちらを見てください。

ポ1 ラスト5行/・困窮化した領主が~

lecturer_avatar

14世紀半ば以降、各地で大規模な農民反乱が発生しました。1358年には、フランスで ジャックリーの乱 が、1381年には、イギリスで ワット=タイラーの乱 が発生しました。

lecturer_avatar

ワット=タイラーの乱の思想的な指導者であった ジョン=ボール は、「 アダムが耕しイヴが紡いだ時、だれが貴族であったか 」という言葉を残しています。アダムとイヴは、聖書に記された 最初の人類 です。人類が登場したときに、貴族や領主なんて存在はいなかった、 人はもともと平等なんだ というのがジョン=ボールの主張でした。彼の思想は、多くの農民たちに影響を与えました。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ついに崩れた!中世の象徴
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の展開

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B