高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!教皇権の絶頂!

25

5分でわかる!教皇権の絶頂!

25
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

教皇権の絶頂!

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の展開2 ポ2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「教皇権の絶頂期」です。
ポイント1では 教会刷新運動叙任権闘争 を経て、 ローマ教会の権威が大きく上昇する 流れを説明しました。
ポイント2では、ついに 教皇の権力がピークに達します!

教皇インノケンティウス3世の時代、教皇権がピークに達する!

lecturer_avatar

教皇権が最大に達したときのローマ教皇。
それが インノケンティウス3世 です。

lecturer_avatar

彼は、自分に逆らう者を次々と破門します。
当時のイギリス王であった ジョン 王さえも破門するなど、その権力には誰も逆らえませんでした。ジョン王だけではなく、フランス王や神聖ローマ皇帝など、名だたる君主を次々に屈服させたのです。

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の展開2 ポ2 答え全部

lecturer_avatar

さらに、インノケンティウス3世は 第4回十字軍 を提唱しました。 彼の一言で軍隊が動いたわけです。 それほど、ローマ教皇の権力が強大だったということですね。

教皇は太陽、皇帝は月!?

lecturer_avatar

教皇権の絶頂にあったインノケンティウス3世。
彼は、とある会議の演説で、こんな名言を残しています。
「教皇(権)は太陽であり、皇帝(権)は月である」

lecturer_avatar

数多くの参加者の前で、「教皇は太陽」だと言い切ったのです。
この発言からも 当時の教皇権の強さがうかがえます。

lecturer_avatar

教会の内部改革と、叙任権闘争を経て、
ローマ=カトリック教会の権威がピークに達したことを覚えておきましょう。

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

オンラインLIVE夏期講習
教皇権の絶頂!
25
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

中世ヨーロッパ世界の展開

オンラインLIVE夏期講習
オンラインLIVE夏期講習

高校世界史B