高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!酵素の特性②③

11
Movie size

5分でわかる!酵素の特性②③

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

酵素の特性②③

高校 生物基礎 遺伝子13 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

酵素の他の特性について説明していきます。

酵素には「最適温度」がある!

lecturer_avatar

まずは、図のグラフをみてください。

高校 生物基礎 遺伝子13 ポイント2 左のグラフのみ
lecturer_avatar

縦軸 は、酵素と基質との 反応速度 を表し、 横軸温度 を表しています。反応速度とは、同じ時間あたりにどれだけ基質が反応するかを表す数値です。

lecturer_avatar

グラフは山のような形をしており、10℃から37℃付近までは反応速度が上昇し、37℃以降は反応速度が下がっていますね。

lecturer_avatar

実は、酵素には 最適温度 というものがあります。酵素が最も活発に働くための最も最適な温度のことを 最適温度 といい、このグラフでは体温に近い37℃付近になっていますね。

酵素には「最適pH」がある!

lecturer_avatar

もう1つグラフを紹介します。

高校 生物基礎 遺伝子13 ポイント2 右のグラフのみ
lecturer_avatar

縦軸 は同様に 反応速度 で、 横軸pH を表しています。pHが7のときは中性を表し、pHが低いと酸性、高いとアルカリ性を示します。

lecturer_avatar

グラフを見てみると、胃液に含まれ肉を分解する ペプシン はpHが2のとき最大値を取るので、 酸性条件 のときに最も活発に働いていますね。

lecturer_avatar

唾液に含まれデンプンを分解する アミラーゼ はpHがおよそ7なので 中性条件 のときに、膵液に含まれタンパク質を分解する トリプシン はpHが8なので アルカリ性条件 のときに最も活発に働いています。

lecturer_avatar

このように、酵素は最も活発に働くための最も最適なpHの条件が決まっています。これを 最適pH といいます。

高校 生物基礎 遺伝子13 ポイント2 POINT穴埋め
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

酵素の特性②③
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝子

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          タンパク質の構造と働き

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物基礎