高校化学

高校化学
5分でわかる!ルシャトリエの原理と触媒

1
Movie size

5分でわかる!ルシャトリエの原理と触媒

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

ルシャトリエの原理と触媒

高校化学 化学反応の速さと平衡11 ポイント2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ルシャトリエの原理と触媒」です。

lecturer_avatar

みなさんは、 触媒 という言葉を覚えていますか?
その物質自身は変化しないが、化学反応を促進する物質のことでしたね。
ルシャトリエの原理と触媒の関係を見ていきましょう。

触媒ありの場合、平衡状態に達するまでの時間が短くなる

lecturer_avatar

みなさんは、水素とヨウ素からヨウ化水素ができる反応を学習しましたね。
この反応を、触媒なし・触媒ありの2パターンで進行させました。
次の図の左のグラフが 触媒なし の場合、右のグラフが 触媒あり の場合を表しています。

高校化学 化学反応の速さと平衡11 ポイント2 答えあり

lecturer_avatar

みなさんは、この2つのグラフの違いがわかりますか?
どちらのグラフも、ある程度時間が経つと、濃度が一定になっています。
これが 平衡状態 ですね。

lecturer_avatar

しかし、2つのグラフでは、平衡状態に達するまでの時間に違いがあります。
右のグラフの方が、 平衡状態に達するまでの時間が短い ですね。
つまり、触媒があると、 正反応の反応速度も逆反応の反応速度も増大 します。
すると、その分だけ速く平衡状態に達することになります。

触媒によって、平衡の移動は起こらず、平衡定数も変化しない

lecturer_avatar

このように、触媒によって、反応速度は変化します。
しかし、 平衡の移動が起こるわけではありません。
また、 平衡定数も変化しない という点にも、注意しておきましょう。

高校化学 化学反応の速さと平衡11 ポイント2 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

春キャンペーン2019
ルシャトリエの原理と触媒
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019