高校化学

高校化学
5分でわかる!平衡定数

4
Movie size

5分でわかる!平衡定数

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

平衡定数

高校化学 化学反応の速さと平衡8 ポイント1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「平衡定数」です。

lecturer_avatar

みなさんは、 化学平衡の状態 について学習してきましたね。
化学平衡の状態とは、 正反応と逆反応の反応速度が等しく、見かけ上反応が停止したように見える状態 のことでした。

lecturer_avatar

化学平衡に関しては、重要なルールがあります。
順番に紹介していきましょう。

平衡定数は、温度一定のとき、反応に固有の値になる

lecturer_avatar

今、一定温度において次の化学反応式で表せるような化学反応があるとしましょう。
  aA+bB⇄cC+dD
この可逆反応が平衡状態にあるとき、次のような式が成り立ちます。

高校化学 化学反応の速さと平衡8 ポイント1 1~2行目のみ

高校化学 化学反応の速さと平衡8 ポイント1 ポイント内のみ

左辺が分母・右辺が分子、各物質の濃度を係数乗

lecturer_avatar

みなさんは、この式の規則性がわかりますか?

lecturer_avatar

まず、 左辺が分母右辺が分子 になっていますよね。
分母と分子のそれぞれは、 濃度の積 になっている点にも注目です。

lecturer_avatar

そして、Aのモル濃度[A]には、係数aがついています。
同様に、[B]にはb、[C]にはc、[D]にはdがついていますね。
つまり、 各物質の濃度を係数乗 するわけです。

平衡定数は、温度一定のとき、反応に固有の値になる

lecturer_avatar

気になるのは、 K という値ではないでしょうか?
Kを、 平衡定数 と呼びます。
Kは、 温度一定のとき、反応に固有の値をとる ことになります。

高校化学 化学反応の速さと平衡8 ポイント1 答えあり

lecturer_avatar

まずは、これらの用語を押さえておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

平衡定数
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学反応の速さと平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          化学平衡

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学