高校化学
高校化学
5分で解ける!化学反応の速さと平衡(テスト1、第1問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!化学反応の速さと平衡(テスト1、第1問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

演習1

高校化学 化学反応の速さと平衡6 ポイント1 答えなし

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

今回は確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習しましょう。

高校化学 化学反応の速さと平衡6 ポイント1 答えなし

lecturer_avatar

演習1は、反応速度式の問題です。
まず、反応速度vは、 v=k[A]x[B]y という式で表します。
このことは問題で与えられていますが、自力でもイメージできるようにしておきましょう。
それでは、実験結果から、 xy を決定していきます。

[B]の次数を決めるときは、[B]とvの変化に注目

lecturer_avatar

まず、 ①の条件 から考えます。
[A]を変えずに、 [B]を2倍にすると、反応速度が4倍になった という結果を得ました。
ここから、 vは[B]の2乗に比例する ことが読み取れます。

[A]の次数を決めるときは、[A]とvの変化に注目

lecturer_avatar

次に、 ②の条件 を考えます。
[B]を変えずに、 [A]を2倍にすると、反応速度が2倍になった という結果を得ました。
ここから、 vは[A]に比例する ことがわかります。

lecturer_avatar

以上より、 x=1、y=2 が答えとなります。
ちなみに、反応速度式は次のようになります。
  v=k[A][B]2

高校化学 化学反応の速さと平衡6 ポイント1 答えあり
化学反応の速さと平衡(テスト1、第1問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学反応の速さと平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          化学反応の速さ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学