高校化学

高校化学
5分でわかる!反応速度の定義

63

5分でわかる!反応速度の定義

63
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

反応速度の定義

高校化学 化学反応の速さと平衡 ポイント2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「反応速度の定義」です。

化学反応には、遅い反応と速い反応がある

lecturer_avatar

いきなり反応速度といわれても、あまりぴんとこないかもしれませんね。
私たちの身の回りでは、さまざまな反応が起こっています。
身近な例から考えていきましょう。

lecturer_avatar

みなさんは、公園のブランコの鉄が錆びているのを見たことはありませんか?
これは、長い時間をかけて進行する反応です。
このような反応のことを 遅い反応 といいます。

高校化学 化学反応の速さと平衡 ポイント1 花火の写真と文字 答えあり

lecturer_avatar

それに対して、花火は打ち上げられた後、すぐに爆発しますよね?
つまり、花火が爆発する反応は、短い時間に起こるものです。
このような反応のことを 速い反応 といいます。

高校化学 化学反応の速さと平衡 ポイント1 花火の写真と文字 答えあり

lecturer_avatar

このように、化学反応には、速度が違うものがあります。
今回は、この 反応速度 について学習していきます。

反応速度は、単位時間あたりの生成物の増加量、または反応物の減少量

lecturer_avatar

化学の世界では、反応速度を次のように考えます。
  単位時間あたりの生成物の増加量、または反応物の減少量
つまり、次のような式で求めることができます。

高校化学 化学反応の速さと平衡 ポイント2 答えあり

lecturer_avatar

濃度の変化時間 で割ればよい、というわけですね。
まずは、反応速度の定義を押さえておきましょう。

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

オンラインLIVE夏期講習
反応速度の定義
63
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習