高校化学

高校化学
5分でわかる!反応速度式と濃度

2
Movie size

5分でわかる!反応速度式と濃度

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

反応速度式と濃度

高校化学 化学反応の速さと平衡3 ポイント1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「反応速度式と濃度」です。

lecturer_avatar

みなさんは小学校の頃、理科の実験で、 紙を燃焼 させたことはありますか?
酸素がたくさん入った瓶の中では、普通の空気中よりも、激しく燃えていましたよね。
激しく燃えるということは、反応が速く進んでいるということです。
つまり、 酸素濃度が高いと、燃焼の反応が速く進む ことになります。

lecturer_avatar

今回は、 濃度と反応速度の関係 を見ていきましょう。

反応速度式は、反応速度定数で表す

lecturer_avatar

水素とヨウ素が反応してヨウ化水素ができる反応を考えます。
水素とヨウ素の濃度をそれぞれ、[H2],[I2]とおきましょう。
この場合の反応速度を表す式は、次のようになります。
  v=k[H2][I2]

lecturer_avatar

ここで、 k という見慣れない記号が出てきましたね。
これは、 反応速度定数 というものです。
反応ごとに特定の数値が入ることになります。

lecturer_avatar

このように、モル濃度などを使って反応速度を表した式を、 反応速度式 といいます。
  v=k[H2][I2]

高校化学 化学反応の速さと平衡3 ポイント1 答えあり

反応速度式は実験結果から求める

lecturer_avatar

ただし、反応速度式は、化学反応式から簡単に求められるわけではありません。
この後の授業では、 実験結果 をもとに、反応速度式を求める方法を学習していきましょう。

高校化学 化学反応の速さと平衡3 ポイント1 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

反応速度式と濃度
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学反応の速さと平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          化学反応の速さ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学