高校物理

高校物理
5分でわかる!電流、電圧の位相の関係

7

5分でわかる!電流、電圧の位相の関係

7
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

電流・電圧の位相の関係

高校物理 電磁気52 ポイント2 全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

交流電源につないだ抵抗に流れる電流Iと電圧Vの位相の関係を考えましょう。

単振動としてとらえると……

lecturer_avatar

それぞれの式は、
電圧 V=V0sinωt
電流 I=I0sinωt
と表され、位相とはsinωtの中身のωtでした。電流と電圧は同位相なので、グラフを描くとどちらも同じ変化をします。

高校物理 電磁気52 ポイント2 左の図

lecturer_avatar

つまり、交流の電圧と電流は、位相が同じで、振幅だけが異なるのですね。これを単振動の図として表しなおしてみると次のようになります。

高校物理 電磁気52 ポイント2 右の図

lecturer_avatar

始点を固定した、長さV0、I0のベクトルが反時計回りに角速度ωで回転します。このときの単振動の位置の式が、それぞれ
電圧 V=V0sinωt
電流 I=I0sinωt
と表されるのです。

高校物理 電磁気52 ポイント2 クマさんのまとめ 空欄埋める

lecturer_avatar

交流電源に抵抗をつないだとき、 かかる電圧と流れる電流は、位相が同じになる ことをおさえておきましょう。

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

オンラインLIVE夏期講習
電流、電圧の位相の関係
7
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習