高校物理

高校物理
5分でわかる!3力以上のつりあい

2
Movie size

5分でわかる!3力以上のつりあい

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

3力以上のつりあい

運動と力22のポイント2 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業

3力のつりあいも「ベクトル和が0」

lecturer_avatar

物体にはたらく力が3つ以上あるとき、どのようにつりあいが成り立つかを考えましょう。下の図を見てください。

運動と力22のポイント2 左の図

lecturer_avatar

物体に力F1[N]、F2[N]、F3[N]がはたらいています。この物体が静止する条件はどうなるでしょうか?

lecturer_avatar

まず2力がつりあう条件から確認しましょう。
(ベクトルF1)+(ベクトルF2)=0ベクトル
でしたね。
今回はそれにもう一つ力が加わっている状態です。したがって、
(ベクトルF1)+(ベクトルF2)+(ベクトルF3)=0ベクトル
のときとなります。

3力のつりあいを図で表そう

lecturer_avatar

3力のつりあい「(ベクトルF1)+(ベクトルF2)+(ベクトルF3)=0ベクトル」とはいったいどのような状態でしょうか。図を使って表すと、実は次のような 三角形 になります。

運動と力22のポイント2 右の図のみ

lecturer_avatar

3つの力がつりあっているとき、上図のように すべてのベクトルを足すと始点に戻ってくる のですね。 0ベクトルとは、ベクトルの和が最終的に始点に戻る ことを意味しているのです。4つの力のつりあいならば、四角形ができて最終的にベクトルが始点に戻りますね。

lecturer_avatar

このように、3力以上のつりあいは作図で考えることができることを覚えておきましょう。

POINT
運動と力22のポイント2
Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

3力以上のつりあい
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。