高校数学Ⅱ

高校数学Ⅱ
5分でわかる!弧度法表示の三角関数(tanθ編)

24

5分でわかる!弧度法表示の三角関数(tanθ編)

24
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

弧度法表示の三角関数(tanθ編)

高校数学Ⅱ 三角関数7 ポイント

これでわかる!
ポイントの解説授業

tanに関して見ていこう!

lecturer_avatar

今回のテーマは「弧度法表示の三角関数(tanθ編)」についてです。
弧度法を使った三角関数のtanに関して、2つのポイントをおさえましょう。

POINT
高校数学Ⅱ 三角関数7 ポイント

tanには値のないものがある!!

lecturer_avatar

弧度法では、中心が原点の半径rの円を考え、始線からθだけ進んだ場所に半径をおきます。
円周上の点の座標は(x,y)でした。
これを使ってtanの値は y座標(y)/x座標(x) で求まりました。 (x≠0)

lecturer_avatar

sin,cosは、範囲が-1から1と制約がありましたが、tanは様々な値をとることができます。

lecturer_avatar

ただし、注意点があります。
tanπ/2,tan3π/2等の値はない ということです。
π/2や3π/2はxの値が 0 となるので、不適となるのです。

符号は「正・負・正・負」

lecturer_avatar

tanの符号はθの位置によって変わっていきます。

lecturer_avatar

θが第1象限にある時
tanθは 正の値 になります。

lecturer_avatar

θが第2象限にある時
tanθは 負の値 になります。

lecturer_avatar

θが第3象限にある時
tanθは 正の値 になります。

lecturer_avatar

θが第4象限にある時
tanθは 負の値 になります。

POINT
高校数学Ⅱ 三角関数7 ポイント
lecturer_avatar

tanの符号の変化をしっかり覚えましょう。

この授業の先生

浅見 尚 先生

センター試験数学から難関大理系数学まで幅広い著書もあり、現在は私立高等学校でも 受験数学を指導しており、大学受験数学のスペシャリストです。

オンラインLIVE夏期講習
弧度法表示の三角関数(tanθ編)
24
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習