高校数学Ⅱ
高校数学Ⅱ
5分でわかる!弧度法表示の三角関数(cosθ編)

8
Movie size

5分でわかる!弧度法表示の三角関数(cosθ編)

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

弧度法表示の三角関数(cosθ編)

高校数学Ⅱ 三角関数5 ポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

cosに関して見ていこう!

lecturer_avatar

今回のテーマは「弧度法表示の三角関数(cosθ編)」です。
弧度法に関しては前回の授業で学習しましたね。
今回は、その弧度法を使った三角関数のcosを扱います。まずはポイントを確認しましょう。

POINT
高校数学Ⅱ 三角関数5 ポイント

範囲は-1≦cosθ≦1

lecturer_avatar

弧度法は、中心が原点の半径rの円で考え、始線からθだけ進んだ場所に半径をおきます。
円周上の点の座標は(x,y)でした。
これを使ってcosの値を x座標(x)/半径(r) で求められましたね。

lecturer_avatar

この時、cosθの値の範囲は、
-1≦cosθ≦1 となります。

cosθの符号は「正・負・負・正」

lecturer_avatar

cosの符号はθの位置によって変わっていきます。

lecturer_avatar

θが第1象限にある時
x座標は正の値なので、x/r(cosθ)は 正の値 になります。

lecturer_avatar

θが第2象限にある時
x座標は負の値なので、cosθは 負の値 になります。

lecturer_avatar

θが第3象限にある時
x座標は負の値なので、cosθは 負の値 になります。

lecturer_avatar

θが第4象限にある時
x座標は正の値なので、x/r(cosθ)は 正の値 になります。

lecturer_avatar

これを符号図に表すとポイントの図のようになりますね。

POINT
高校数学Ⅱ 三角関数5 ポイント
lecturer_avatar

cosの値の範囲と、符号の変化をしっかり覚えましょう。

Asami
この授業の先生

浅見 尚 先生

センター試験数学から難関大理系数学まで幅広い著書もあり、現在は私立高等学校でも 受験数学を指導しており、大学受験数学のスペシャリストです。

弧度法表示の三角関数(cosθ編)
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。