中1数学
中1数学
5分で解ける!垂線の作図に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!垂線の作図に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中1 数学66 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

垂直二等分線をかきたいけれど・・・

lecturer_avatar

「点Pから直線ℓへの垂線を作図」する問題だね。
「垂線をかけ」と言われたら、今日のポイント。

POINT
中1 数学66 ポイント
lecturer_avatar

そう、「垂直二等分線」をかけばいいんだったね。
ただ、この問題は、垂直二等分線をかくための「点Aと点B」が存在しないね。
この点Aと点Bをどう定めるか
これが問題の最大のテーマだよ。

点Aと点Bをどう設定するか

lecturer_avatar

単に垂線の作図だったら、点Aと点Bはどこに決めてもOKなんだ。
でも、今回は重要な条件が1つある。
「点Pから垂線を引く」。つまり、
「点Pを通る垂直二等分線」をかかないといけないんだね。

垂直二等分線の特徴を使う

lecturer_avatar

実は、垂直二等分線には、次のような特徴があるよ。
それは、線上のどの点をとっても「点Aからの長さと、点Bからの長さが等しくなる」というものだよ。
だから、今回の場合の点Aと点Bは、「点Pからの長さが等しくなる」ように定めればいいんだ。
つまり、まずは点Pを中心として、直線ℓと交わる円をかこう。その交点が、点Aと点Bだよ。

lecturer_avatar

あとは、いつも通り、線分ABの垂直二等分線をかけば、点Pを通るように垂線がかけるんだ。

答え
中1 数学66 練習の答え
Imagawa
この授業の先生

今川 和哉 先生

どんなに数学がニガテな生徒でも「これだけ身につければ解ける」という超重要ポイントを、 中学生が覚えやすいフレーズとビジュアルで整理。難解に思える高校数学も、優しく丁寧な語り口で指導。

垂線の作図
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      平面図形

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          基本の作図

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1数学