高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!文の要素(主語、目的語、補語、修飾語)に関する問題

12

5分で解ける!文の要素(主語、目的語、補語、修飾語)に関する問題

12
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

高校英語文法 5文型3・4の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

要素を捉えながら正確に訳す

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみよう。

高校英語文法 5文型3・4の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

英文を日本語に訳す問題だね。
今回は,文章の各要素に注目しながら訳していこう。

lecturer_avatar

主語 が Tom, said が 動詞 だね。
次の to me という部分では 前置詞+名詞で意味のカタマリができる ことを思い出そう。

lecturer_avatar

to me「私に」は 意味を付け加える副詞のカタマリ だから 修飾語(M)に当たるよ。
ここまでで「トムは私に言った」という訳になるね。

lecturer_avatar

that以降も訳していこう。
that he was hungry「(彼は)お腹が減っていると」だね。

lecturer_avatar

say は「〜を言う」だから,このthat以下の部分が「〜」に当たるんだ。
つまり that以下は「〜を」を表す名詞として,sayの目的語(O)ということになるんだ。

lecturer_avatar

この that は,he was hungry という文を包みこんで 「彼がお腹が減っていること」という名詞のカタマリを作っている よ。
これらを踏まえてつなげて訳すと,
Tom said to me that he was hungry.
「トムは私にお腹が減っていると言った。」
となるんだ。

答え
高校英語文法 5文型3・4の入試レベルにチャレンジ 答え入り アイコンなし
難関大合格パーソナルプログラム
文の要素(主語、目的語、補語、修飾語)
12
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

5文型

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校英語文法