中1数学

中1数学
5分で解ける!文字で表すコツ1(買い物)に関する問題

11
Movie size

5分で解ける!文字で表すコツ1(買い物)に関する問題

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中1 数学22 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業

文字xやyに数字を入れて考えよう

lecturer_avatar

「買い物」についての文字式の問題は、次のポイントをおさえておけばOK。

POINT
中1 数学22 ポイント

(x円のりんごが3個)+(y円のみかんが2個)

中1 数学22 練習(1)

lecturer_avatar

「1個x円のりんごを3個と、1個y円のみかんを2個買ったときの代金」を考えよう。
「x円」を「10円」「20円」と置き換えて考えてみよう。
すると、

lecturer_avatar

 10円のりんごが3個→ 10 ×3=30(円)
 20円のりんごが3個→ 20 ×3=60(円)
       …
 x円のりんごが3個→x×3―3x(円)
となるよね。
同じように、y円のみかんは

lecturer_avatar

 y円のみかんが2個→y×2=2y(円)

lecturer_avatar

(りんご代)+(みかん代)の
  3x+2y(円)
が答えになるね。

①の答え
中1 数学22 練習(1)の答え

(出したお金)-(ケーキ代)=(おつり)

中1 数学22 練習(2)

lecturer_avatar

「1個300円のケーキをa個買い、b円を出したときのおつり」を答える問題。
a個だと考えづらいので、1個、2個と具体的に考えよう。
ケーキの代金は、
 300円のケーキが1個→300×1=300(円)
 300円のケーキが2個→300×2=600(円)
       …
 300円のケーキがa個→300×a=300a(円)
になるね。
でも答えるのは「ケーキ代」ではなく「おつり」だよ。
(出したお金)-(ケーキ代)=(おつり)
が成り立つね。
出したお金はb円、ケーキ代は300a円だから、
  b-300a(円)
となるね。

②の答え
中1 数学22 練習(2)の答え
文字で表すコツ1(買い物)
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。