中学公民
中学公民
5分でわかる!自己決定権

4
Movie size

5分でわかる!自己決定権

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

臓器提供も医療の方法も自分で決める 自己決定権

中学公民14 ポイント3 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

3つ目のポイントは、「自己決定権」です。
自己決定権 とは、自分の生き方や生活など、 個人的なことを自分で決定する権利 です。
こちらを見てください。

中学公民14 ポイント3 右の写真2枚のみ表示

臓器提供の意思表示を行うドナーカード

lecturer_avatar

写真には、 ドナーカード が写っています。
臓器提供意思表示カード ともいいます。

lecturer_avatar

交通事故で頭を強く打ったりすると、まだ心臓は動いていても、脳の活動が停止した状態になってしまうことがあります。
このような状態を 脳死 といいます。
一方、世の中には重い病気にかかり、心臓や腎臓などの臓器の移植を求めている人たちがいます。
もし自分が脳死のような状態になった場合に、臓器を他人に移植することを許可するかどうか。
その意思表示をするのが、ドナーカードの役割なのです。

インフォームド・コンセントの重要性

lecturer_avatar

医療に関しても、自己決定権の考え方が見られます。
近年、 インフォームド・コンセント が重視されるようになっているのです。

lecturer_avatar

インフォームド・コンセントとは、患者が事前に治療の内容についての説明を受け、合意するという意味です。
「インフォームド」とは、「情報を知らされた」状態を指し、「コンセント」は「合意」を意味します。
医師が一方的に治療内容を決定し、医療行為を行うのではなく、
患者側にも十分に説明し、合意を得たうえで治療を行うことが大切だという考え方です。

中学公民14 ポイント3 答え全部

lecturer_avatar

臓器提供の意思表示をするのがドナーカード、
患者に情報を提供し、合意を得るという考え方がインフォームド・コンセントです。
どちらもしっかり覚えておきましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

自己決定権
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      日本国憲法と人権

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民