中学歴史

中学歴史
5分でわかる!朝鮮半島との外交

84
Movie size

5分でわかる!朝鮮半島との外交

84

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

朝鮮半島に進出開始 高句麗・新羅は敵 加羅(任那)・百済は仲間

中学歴史6 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業

日本、朝鮮半島へ進出

lecturer_avatar

古墳時代の2つ目のポイントは、「朝鮮半島への進出」です。
日本の大和朝廷は当時、朝鮮半島へと進出していきました。
なぜ、日本は朝鮮半島に進出しようとしたのでしょうか?
それは、朝鮮半島の進んだ文化や、朝鮮半島でたくさん採れる鉄が欲しかったからだとされています。

朝鮮半島の4つの国 日本と仲が悪かったのは高句麗・新羅

lecturer_avatar

当時の朝鮮半島の様子を地図で確認してみましょう。

中学歴史6 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

当時の朝鮮半島には、高句麗、新羅、加羅、百済という4つの国がありました。
日本は4つの国のうちの2つと仲が悪く、逆にもう2つとは仲が良かったのです。

lecturer_avatar

日本と仲が悪かったのは、高句麗と新羅の2国です。
高句麗の好太王碑には、倭(日本)と戦った記録も残されています。

朝鮮半島の4つの国 日本と仲が良かったのは加羅と百済

lecturer_avatar

反対に日本と仲が良かったのは、加羅(任那)と百済の2国です。
日本は加羅の政治に大きな影響力を持っていました。百済とは友好関係にありました。
この4つの国の位置は、覚え方があります。
それぞれの頭の文字を取り、半島の上からアルファベットの「J」を描くようにして**「こ(高句麗)し(新羅)から(加羅)ひゃくさい(百済)」と覚えると忘れにくい**でしょう。

中学歴史6 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

日本の大和朝廷が朝鮮半島に進出した理由と、朝鮮半島の4つの国の名前と位置。
それぞれしっかりおさえておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

朝鮮半島との外交
84
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      縄文・弥生・古墳時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              中学歴史