中学地理

中学地理
5分で解ける!中国・四国地方の気候に関する問題

36

5分で解ける!中国・四国地方の気候に関する問題

36
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理64 練習3(3つの気候グラフと解答欄のみ表示、カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

3つの気候グラフは、鳥取市、高松市、高知市のうちどれにあてはまるでしょうか?

3つの気候グラフ それぞれの特徴は?

lecturer_avatar

まずは左端のグラフを見てください。
1月や12月の降水量が多くなっていますね。
これは日本海側の気候の特徴でした。
正解は鳥取市です。

lecturer_avatar

真ん中のグラフを見ると、雨が少なく、気温は比較的温暖になっています。
これは瀬戸内海の気候ですね。
正解は高松市です。

lecturer_avatar

右端のグラフを見ると、とにかく雨が多いですよね。
これは高知市の気候グラフです。
沖合を暖流の日本海流が流れ、夏には南東の季節風が吹くことが、降水量が多くなる原因でした。

答え
中学地理64 練習3(3つの気候グラフと解答欄のみ表示、答え入り
オンラインLIVE夏期講習
中国・四国地方の気候
36
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習