中学地理

中学地理
5分でわかる!中国・四国地方の主な地名と環境・気候

44
Movie size

5分でわかる!中国・四国地方の主な地名と環境・気候

44

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

中国・四国地方の主な地名と環境・気候

中学地理64 ポイント1 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のポイントは、「中国・四国地方の主な都市と気候」です。
まずは3つの都市を紹介します。こちらを見てください。

中学地理64 右ページの練習1 答え入り(左上の「練習1」の見出しはトル)

原爆ドームがある広島市、コンビナートが見られる倉敷市、造船業がさかんな呉市

lecturer_avatar

最初に紹介するのは、中国・四国地方で人口最多の都市である 広島市 です。
世界遺産に登録されている 原爆ドーム は広島市にあり、国内外から多くの人が訪れています。
国の機関や企業の支社などが集まる広島市は、中国地方の政治や経済の中心都市といえます。

lecturer_avatar

続いて紹介するのは、岡山県の 倉敷市 です。
工業都市として知られる倉敷市の中でも、特に 水島地区 では工業がさかんです。
水島地区では 石油化学 工業がさかんで、複数の企業が結びついた コンビナート が見られます。

lecturer_avatar

最後に紹介するのは、広島県の 呉(くれ)市 です。
戦前は軍港として栄え、軍艦などを製造していた呉市では、現在 造船業 がさかんです。

中学地理64 右ページの練習1 答え入り(左上の「練習1」の見出しはトル)

工業都市が集まる瀬戸内 山陰では過疎が進行する地域も

lecturer_avatar

広島市・倉敷市・呉市といった都市は、瀬戸内海の沿岸、瀬戸内地方に集中しています。
瀬戸内には多くの人が集まる一方、中国山地の北側にあたる 山陰 地方は人が少なくなりがちです。
現在、山陰では 過疎 の進行が問題になっており、人口の過半数が高齢者である 限界集落 も増えてきています。
町おこしや村おこしなど、人々を呼び込む工夫をしている地域もあるものの、人口の減少や高齢化は依然解決されていません。

本州四国連絡橋 3つのルートを覚えよう

lecturer_avatar

つづいて、本州と四国とを結ぶ3つのルートを紹介します。
こちらを見てください。

中学地理64 右ページの練習2(一番下の気候グラフよりも上側 地図とその右の解答欄) 答え入り(左上の「練習2,3」の見出しはトル)

lecturer_avatar

1つ目は 広島県と愛媛県 とを結ぶルートです。
広島県の尾道市と、愛媛県の今治市とを結ぶ道路で、 しまなみ海道 と呼ばれています。
しまなみ海道には自転車歩行者専用道路も併設されており、特に自転車で渡るルートは人気があります。

lecturer_avatar

2つ目は 岡山県と香川県 とを結ぶルートです。
このルートにかかる橋を 瀬戸大橋 といいます。
瀬戸大橋には車だけではなく鉄道も通っています。

lecturer_avatar

3つ目は 兵庫県と徳島県 とを結ぶルートです。
このルートにかかる橋を 明石海峡大橋 といいます。
明石海峡大橋は、兵庫県の淡路島と神戸市とを結ぶ、世界最長のつり橋として知られています。

lecturer_avatar

本州と四国を結ぶ、これらの3つのルートをまとめて 本州四国連絡橋 と呼びます。
併せて覚えておきましょう。

中学地理64 右ページの練習2(一番下の気候グラフよりも上側 地図とその右の解答欄) 答え入り(左上の「練習2,3」の見出しはトル)

中国・四国地方の気候 グラフの見分け方をおさえよう!

lecturer_avatar

続いて、鳥取市・高松市・高知市の3つの都市の気候グラフについて学習します。
こちらを見てください。

中学地理64 右ページの練習3(一番下の気候グラフと解答欄) 答え入り

lecturer_avatar

左は 鳥取市 の気候グラフです。
一番の特徴は 冬の降水量が多い ことです。
冬の降水量が多いのは、雪が多く降る 日本海側 の気候の特徴です。
日本海側にある鳥取市は、冬に雪が多く降るため、12月や1月の降水量が多くなっていると覚えておきましょう。

lecturer_avatar

真ん中は香川県の 高松市 の気候グラフです。
降水量に注目すると、3つのグラフの中で一番 降水量が少ない ことがわかりますね。
また、1月でも気温が5℃くらいとやや暖かくなっています。
雨が少なく、比較的温暖 な気候なら 瀬戸内海に面する高松市 だと判断しましょう。

lecturer_avatar

右は 高知市 の気候グラフです。
一番の特徴は、とにかく 雨が多い ことです。
沖合を日本海流が流れ、夏は南東の季節風が吹きつけるため、降水量が多くなっているのです。
雨が多い気候グラフは高知市 だと考えましょう。

中学地理64 右ページの練習3(一番下の気候グラフと解答欄) 答え入り

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

中国・四国地方の主な地名と環境・気候
44
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。