中3理科
中3理科
5分で解ける!太陽の1日の動きに関する問題

2
Movie size

5分で解ける!太陽の1日の動きに関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中3 地学6 練習2 答えなし

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

練習2は、季節ごとの太陽の動きについての問題です。
図の天球には、3つの曲線がかかれていますね。
これらは、冬至・春分・夏至のいずれかの太陽の動きを表しています。

冬は昼間が短く、夏は昼間が長い

中3 地学6 練習2 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、3つの曲線が、どの季節の太陽の動きを表しているか答える問題です。
春分から考えてみましょう。
春分の太陽は、真東から出て、真西に沈むのでしたね。
つまり、春分の太陽を表しているのは、 です。
アの曲線に注目しましょう。
アの曲線では、太陽が出ている時間が短いですね。
昼間が短いのは冬の特徴です。
つまり、冬至は です。
それに対して、ウは太陽が出ている時間が長いです。
昼間が長いのは、夏至の特徴でした。
したがって、夏至は です。

lecturer_avatar

(2)は、太陽の南中高度が高いものを選ぶ問題です。
南中高度は、南中したときの太陽の高さのことでしたね。
しかし、高さを距離で測ることはできないので、角度で表しました。
どのようにして表すか覚えていますか?
南中しているところと、天球の中心を線で結びます。
すると、その線と地面の角度が南中高度になるわけです。
ア~ウの南中高度を考えてみましょう。
ウの角度が最も大きいですね。
つまり、答えは です。

lecturer_avatar

(3)は、季節ごとに太陽の動き方が変わる理由を答える問題です。
地球は、自転と公転という2つの動きをしていましたね。
そして、自転の向き(地軸)がかたむいているのでしたね。
それによって、太陽の見え方も変わってくるのです。
答えは、 地軸がかたむいたまま、太陽のまわりをまわるから となります。

答え
中3 地学6 練習2 答えあり
太陽の1日の動き
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      地球と宇宙

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          太陽・星の動き

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科