中3理科
中3理科
5分でわかる!イオンのモデル

8
Movie size

5分でわかる!イオンのモデル

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

イオンのモデル

中3 化学10 ポイント2

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは「中和とイオン」です。
先ほど学習した中和反応について、水溶液中のイオンに注目し、さらに詳しく学んでいきます。
こちらを見てください。

中3 化学10 ポイント2

塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、BTB溶液は黄→緑→青に変わる

lecturer_avatar

図の左上を見てください。
まず、ビーカーの中にうすい塩酸をいれます。酸性の水溶液です。
これにBTB溶液を加えると黄色になります。
酸性なら黄色、中性なら緑色、アルカリ性なら青色に変わるのが、BTB溶液の特徴でしたね。

lecturer_avatar

BTB溶液をいれた後、アルカリ性の水溶液である水酸化ナトリウム水溶液を加えていきます。
すると、BTB溶液の色がしだいに緑色に、そして青色へと変わっていくのです。
このときの水溶液の様子を模式図で表したのが下の図です。
こちらを見てください。

中3 化学10 ポイント2 下半分の4つの図のみ表示

酸の原因物質H+と、アルカリの原因物質OHがくっつく

lecturer_avatar

塩酸には、酸の原因物質であるH+が含まれます。
一番左の図のように、はじめは水溶液中にH+がたくさん存在しています。
これに水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、アルカリの原因物質であるOHとH+が反応します。
左から2番目の図のように、H+とOHがくっついていくのです。中和反応がおこるのですね。

lecturer_avatar

ただ、水酸化ナトリウム水溶液を少し加えただけでは水溶液はまだ酸性です。
酸の原因物質であるH+が水溶液中に残っているからです。

中3 化学10 ポイント2 下半分の4つの図のみ表示

H+とOHの数が同じだと中性に、OHの方が多くなるとアルカリ性になる

lecturer_avatar

さらに水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、右から2番目の図のような状態になります。
H+とOHがすべてくっつき、水溶液中にどちらも存在しない状態です。
酸の原因物質も、アルカリの原因物質もないため、水溶液は中性になります。

lecturer_avatar

中性になったあとも、さらに水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、今度はOHの方が多くなります。
もうH+はなくなっているため、アルカリの原因物質であるOHが水溶液中に存在するようになります。
水溶液はアルカリ性になるのです。

中3 化学10 ポイント2

lecturer_avatar

塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、BTB溶液の色は黄→緑→青の順に変わっていきます。
酸性から中性、そしてアルカリ性に変わるのです。
水溶液中のH+とOHの状態によって、水溶液の性質が決まるということをおさえておきましょう。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

イオンのモデル
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学変化とイオン

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸・アルカリと中和

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科