中2理科
中2理科
5分でわかる!湿度の計算

10
Movie size

5分でわかる!湿度の計算

10

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

湿度の計算

中2 地学12 ポイント3 答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

湿度=いまの水蒸気の量÷飽和水蒸気量×100

中2 地学12 ポイント3 答えあり

lecturer_avatar

実際に湿度を計算してみましょう。
例えば、今の気温が15℃、水蒸気量が6.4g/m3であるとします。
水蒸気量が6.4g/m3とは、1m3あたり6.4gの空気をふくんでいるという意味です。

lecturer_avatar

この場合の湿度を求めるには、どのようにすればよいでしょうか?
湿度を求めるためには、飽和水蒸気量が必要 があります。
そのために使うのが、図の表です。
表の上の段には気温がかかれていますね。
下の段は、飽和水蒸気量です。
気温によって、飽和水蒸気量が変わることがわかりますね。
0℃のときには飽和水蒸気量は4.8g、5℃のときには飽和水蒸気量が6.8gと読みとっていけますね。

lecturer_avatar

今は、気温が15℃のときの飽和水蒸気量を知りたいわけです。
表を読み取ると、15℃のときの飽和水蒸気量は12.8gであることがわかります。
これで、いまの水蒸気量と飽和水蒸気量がわかりましたね。
あとは計算するだけです。
湿度を求めるには、いまの水蒸気量を飽和水蒸気量で割って、100をかけるのでしたね。
6.4÷12.8×100より、このときの湿度は 50% となります。

中2 地学12 ポイント3 答えあり

lecturer_avatar

もう一つ、計算練習をしてみましょう。
今度は気温が10℃、湿度が80%とわかっています。
いま、空気中にふくまれる水蒸気量を求めましょう。
湿度の計算方法を思い出しましょう。
いまの水蒸気量を飽和水蒸気量で割って、100をかけると、湿度が求められました。

lecturer_avatar

表より、気温が10℃のときの飽和水蒸気量は9.4gですね。
あとは式を立ててみます。
(今の水蒸気量)÷9.4×100=80となります。
この式をとくと、今の水蒸気量は 7.52g だとわかります。

lecturer_avatar

他にも解きかたがあります。
「湿度80%」という言葉の意味を思い出しましょう。
「飽和水蒸気量全体を100個に分けたときの80個が埋まっている」ということでした。
今、全体は9.4gですね。
あとは9.4×0.8より、7.52gを求めることもできます。

中2 地学12 ポイント3 答えあり

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

湿度の計算
10
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      天気とその変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          雲のでき方

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科