中2理科

中2理科
5分でわかる!電球と発光ダイオード

165

5分でわかる!電球と発光ダイオード

165
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

電球と発光ダイオード

中2 物理15 ポイント2

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「電球と発光ダイオード」です。

発光ダイオードは一定の方向にしか電流を流さない

中2 物理15 ポイント2

lecturer_avatar

電球 は、電気を流すと明るく光りますよね。
同じように電気を流すと光るもので、最近話題になっているものが 発光ダイオード です。
電球と発光ダイオードがどのように違うのか、考えてみましょう。
みなさんは、電球に電池をつなぐとき、プラスとマイナスの向きを考えませんよね。
電球の真ん中には電気の流れにくい線があります。
ここに電気を流すと、電気の粒が摩擦を起こし、光を発するわけです。
つまり、 どちらの方向から電気を流しても、電球は光る のですね。
一方、発光ダイオードは、電気が流れる方向が決まっています。
発光ダイオードには、2本の足のようなものがあるのがわかりますか?
2本のうち、長い方にプラス側、短い方にマイナス側をつなぐことになっています。
プラスとマイナスを逆につないでしまうと、発光ダイオードは光らない わけです。

中2 物理15 ポイント2

lecturer_avatar

それでは、交流電流を電球と発光ダイオードにつなぐと、どうなるでしょうか?
まず、電球に交流をつないだときには、光り続けます。
電球には、電流の向きは関係ないからですね。
それに対して、発光ダイオードでは電流の方向が決まっています。
しかし、交流では電流の向きが入れ替わるので、点滅を繰り返すことになります。

中2 物理15 ポイント2

lecturer_avatar

このように、電気製品には、プラスマイナスの向きが重要なものと、そうでないものがあることをおさえておきましょう。

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

オンラインLIVE夏期講習
電球と発光ダイオード
165
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習