中2理科
中2理科
5分で解ける!電力と熱量の計算に関する問題

8
Movie size

5分で解ける!電力と熱量の計算に関する問題

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中2 物理10 練習 答えなし

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

熱量の計算について、練習問題を解いていきましょう。
図のように、電熱線に電気を流して、発熱させています。
発生した熱量を使って、ビーカーの水を温めているわけですね。

熱量(J)=電圧(V)×電流(A)×時間(秒)

中2 物理10 練習図のみ
中2 物理10 練習(1)(2) 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、電熱線が消費した電力を求める問題です。
電熱線が消費した電力は、電源がつくった熱量と同じでしたね。
電源の電力を求めるのに必要なのは、電圧と電流でしたね。
今回の電圧は8.4V、電流は2.0Aです。
この値を公式に代入しましょう。
8.4V×2.0A=16.8Wとなります。
したがって、答えは 16.8W です。

lecturer_avatar

(2)は、電熱線から発生する熱量を求める問題です。
電熱線が発せさせた熱量は、電源がつくった電力量と等しくなります。
したがって、電源に注目しながら解いていきましょう。
(1)より、電源の電圧は16.8Wでした。
これが1秒あたりに発生する熱量のことですね。
つまり、5分間で発生する熱量は、16.8W×300秒=5040Jとなります。
答えは、 5040J です。

水の温度上昇は、発生した熱量÷4.2÷水の質量

中2 物理10 練習図のみ
中2 物理10 練習(3) 答えなし

lecturer_avatar

(3)は、水が温められる温度を求める問題です。
(2)より、発生した熱量は5040Jでしたね。
水1gを1℃上げるのに必要な熱量は4.2Jであることがわかっています。
まずは、5040J÷4.2Jより、1200となります。
今、水は200gあるので、1200÷200=6℃となります。
したがって、答えは 6℃ です。

答え
中2 物理10 練習 答えあり
電力と熱量の計算
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      電力と電力量、熱量の練習

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      電流とそのはたらき

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          電力と電力量、熱量

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科